Home > Photologue Archive

Photologue Archive

南イタリアの光

FIAT500 LEICA

南イタリアへ行って来ました。
といいながら、すでに帰って1ヶ月ほど経ってます...。
この5月の南イタリアは気候も良く、眩しい光が降り注いでいました。

今回のイタリアは、自身の写真とふれあいの旅。
追われることもなく、気持ちの向いたときだけシャッターを落とす。
自分の写真をはじめた頃の原点に還った旅でした。

ロコロンド LEICA M10

LEICA M10 / Summilux 35mm ASPH.

20170517-_DSF1894.jpg

今回のカメラははLEICA M10とFUJIFILM X100Fの二台に、
FUJIFILM INSTAX SP-2を持っての写真はプリントして渡すという旅。
このインスタントプリントが、行く先々で多くの出会いと、笑顔を生むとは思いませんでした。
写真という文化。
その魅力を見直す旅ともなりました。

ナポリ X100F

写真はPHOTOLOGINSTAGRAM に少しずつアップしています。
ぜひご覧ください。
また、今回これまでのイタリアをまとめた写真展や写真集が作れたらと思っています。
その時はまたご案内しますね。
大きく期待していてください。(自身でハードルを...)

FUJIFILM X100F

オストゥーニ X100F

オストゥーニの路地裏では静かな生活があった。

FUJIFILM X100F

旅の原点に

LEICA M10 FUJIFILM X100F

初めてイタリアへ訪れたのは2010年の冬。
それまでの旅先といえばほとんどがアジアだった。
この頃から旅のカメラはLEICAが基本となった。
それ以来、機材はコンパクトにLEICA Mか、FUJIFILM X。
いずれもレンズともに小さく、さり気なく持ち歩ける。
行き交う人にカメラを意識されることなく、
自然体の人々をドキュメンタリーで捉えるためにはこういった機材に限る。

最近では有り難いことに旅先での撮影依頼も頂くようになった。
もちろん仕事となれば、クライアントの求める写真が不可欠。
求めるといっても写真家がどういう写真が必要か考えるところが大きい。
それは簡単そうに見えて中々大変で、プレッシャーも半端なものでは無い・・・。

--------------------------

今回、5回目のイタリアへと発ちます。
この間、モロッコなどへはいったものの海外への渡航はほとんどがイタリアだったりする。
もはや自分にとってイタリアは一時帰国といった感じ・・・。
(もっと帰国してる人もいるので、まだまだですが(笑))

今回は完全に自身のための旅とした。
7年前、初めてイタリアに訪れたときと同じ気持ちで、
何に追われることもなく、ただただ歩き目に止まった光景にシャッターを落とす。
とにかく写真を撮る旅ではなく、旅にカメラを携える・・・。
それこそ一枚もシャッターを落とさない日もあるでしょう。
(無いだろうけど・・・)
気負わず、焦らず、スローな旅にしたい。

カメラは2台。
LEICA M10とFUJIFILM X100F。
それに合わせレンズが少々・・・。
この愛機二台があれば、旅も楽しいものになるでしょう。

FUJIFILM X100F instax

それともう一つ。
FUJIFILM instax SHAREを持っていく。

写真家は、町ゆく人を撮って自身の満足だけで終わってはいけない。
出来ることならまた同じところに訪れ、プリントを渡して歩きたいと思っている。
自分が写っている写真は欲しいだろう。私ならぜひとも欲しい。
やはり写真はその人に渡してこそ写真家だろうと思う。
しかし、海外ともなれば、また訪れて渡すなんていうのはそう簡単な話ではない。
今ならメールで送るっていうのありだと思うが、それは風情がないね。
やはりその場でスッとプリントして渡すって言うのがいい。
特に今回はゆっくりとスローな旅。instaxを携え行く先々で写真を渡して歩くのもいいだろう。

とにかく、気の向くまま足の向くまま、
ゆっくりと旅を楽しみたい。
そしていつか、自身の作品として発表できる日があればいいな。

では、ちょっと行って参ります。

Graphiteのある風景

X-Pro2 Graphite

佇まいがしびれるね。
色がいいから買ってしまうカメラって中々無いと思う。
現場で三脚に据えた姿がまた良かったもんだから、思わず撮ってしまった。

FUJIFILM X-Pro2 Graphite

セットレンズのXF23mm F2のGraphiteもちろんだが、
実はブラックレンズも思いの外しっくり来る。
しかし折角なのでグラファイトカラーのレンズもラインナップで出して欲しいもの...。

愛する瞳

LEICA M10 Summilux 50mm ASPH

いつもの居場所で家人の帰りを待つ...。

LEICA M10 / Summilux 50mm ASPH.

X100F 初夏に見る秋の京都

X100F 秋の京都

X100F 秋の京都

X100F 秋の京都

X100F 秋の京都

季節は廻る。
桜の季節も通り越しもう初夏の陽気。
このブログもこの時期まで紅葉押しとは、中々な事になってしまった(笑)。

X100F 秋の京都

X100F 秋の京都

X100F 秋の京都

どの季節に見ても秋の京都はいい。
昨年の秋は11月中旬に京都を回った。
少し日にちをずらすだけで見頃のポイントも変わってくる。
今度はどの時期がいいか・・・。

本当に何度でも訪れたくなる。
京都の魅力は深い。

X100F 秋の京都

FUJIFILM X100F

X100F 京都 嵐電沿線 その一

X100F 嵐山

四条大宮。朝6時。
この日、嵐電一日乗車券を使い、沿線沿いをまわる。
どれだけ人が多い秋の京都と言えども早朝は人もまだ少ない。
朝の光が斜めから差し込む嵐山の紅葉はまた格別。

X100F WCL-X100 竹林

薄暗い竹林もほとんど人が居ない。
っと歩いて行けばその先に三脚を据えてカメラを構える人が並んでいた...。

FUJIFILM X100F + WCL-X100

X100F 竹林

竹林の中から、天龍寺の紅葉が光をうけて浮き上がる。

X100F 天龍寺

X100F 天龍寺

X100F 天龍寺

天龍寺 X100F

X100F

この日、天龍寺は早朝参拝が出来、中々見られない時間の紅葉を見る事が出来た。
FUJIFILM X100F

天龍寺 X100F

FUJIFILM X100F + TCL-X100

X100F 保津峡

X100F WCL-X100

朝靄のかかった保津峡。月がきれいだった。

FUJIFILM X100F + WCL-X100

X100F 23mm FUJINONの画

X100F 嵐山

X100Fの持つレンズ。23mm F2 FUJINON ASPHERICAL LENS。
これは初代X100から変わらない。
開放では柔らかさを持ちながらピントの芯はしっかりある。
画としては決して力強い描写ではなく、なにかオールドレンズを感じさせる。

そのレンズが今回X100FではX-Trans IIの2400万画素と組み合わされる事となった。
X100のファンからするとその描写は気になるところではないかと思う。
実際写し出されてみると、2400万画素となっても変わらぬ味わいがあり、
さらに画素数アップにより、このレンズの本当の画を見る事が出来た気がする。
これが想像以上に解像力だったのです。
遠景ながら、開放でも驚くほどの繊細で、なおかつ描写には風合いがあるという、
まさにX100の世界は2400万画素によって花開いた感がある(やや言い過ぎか)。
これはキレのいいX23mm F2とはまた違った味わいの画ですね。

写真は京都嵐山の紅葉。
まだ薄暗く絞りはF2開放だった。
原寸で見ると紅葉の葉は一枚一枚解像し、写真の雰囲気はなんとも幻想的だ。

FUJIFILM X100F

X100F 金沢

X100F 金沢

FUJIFILM X100F。
自身、X100シリーズはX100Sから始まりX100Tと愛用してきた。
日常はもちろん、ちょっとした外出から、遠くはシチリアでも常にそばにあった。

そのX100の四世代目、X100Fとともにカタログ作例のため秋の金沢、京都と歩きました。
私にとってのX100は、二台持ちのその一台と言う事が多かったのですが、今回はX100F一台のみというスタイル。
これだけ集中してX100一台で被写体に向き合うのは初めての事。
ソリッドになった外観は前の記事で書いた通り、持っているだけで何かうれしくなるのはもちろんですが、
2400万画素、X-Trans CMOS IIIを搭載したX100Fは、
中身も別のカメラと感じるほどのポテンシャルを持っていました。
というかX-Pro2以降、この一段ステージの上がったXシリーズに慣れた体は、もう後戻り出来ません(汗)。
人間とはつくづく贅沢な生き物だなと...。

しばらく、作例とともに、思いのままレビューを綴っていきます。

shot with FUJIFILM X100F

続きを読む…

X100F × 京都

X100F 京都

FUJIFILM X100F 京都
フォトギャラリー公開しました。
地味に追加も予定しています。
ぜひご覧ください。

shot with FUJIFILM X100F

KYOTO × X100F

Fly 2017

FLY2017

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2017年1月より金沢事務所が金沢市昭和町に移転いたします。
http://www.takahashi-design.com/contact

金沢事務所と言うよりもKANAZAWA LABといった感じです。
デザイン業務は、今やMacbookがあればどこでも出来ますし、
スタジオ撮影も小松、金沢いずれでも出来る環境となります。
新しい環境で、これまで以上にアクティブに活動予定です。

引っ越しは地味に1月中には完了予定で、
片町「空間」は1月いっぱいまで稼働いたします。

小松事務所は変わらずです。
郵送物や連絡は小松事務所が確実です。
今後ともよろしくお願いいたします。

LEICAと10年

LEICA M Monochrom Elmar5cm

LEICA M Monochrom / LEICA Elmar 5cm F3.5

レンジファインダーを日常カメラとして使うようになって20年余り・・・。
そしてLEICAを手にすることになって10年が経った。
2006年にLEICA M8を買ったのが最初で、
LEICA M8、LEICA M9、LEICA M9-Pと、フィルムはLEICA M2、LEICA M4。
時代や環境からほとんどがデジタルではあるものの、デジタルだから知り得ることも多かった。

コレクターではないので所有のカメラを手放しては買い替えることが多い。
LEICA M-P (Typ240)を手にして、初代デジタルライカであるM8からの流れが大きく変わったと感じる。
CCDからCMOSに変わったことも大きいが、
色も含めて初めてしっかりレンズの描写が味わえるカメラになったと思う。
しかし、Typ240にはEVFや動画撮影など、時代とともに陳腐化してしまう部分もある。
画質の進化は望むところだが、
M型ライカにおいて、距離計でピントを合わせシャッターを落とすという基本さえあれば
付加機能は要らないと感じる。

同時に使用しているカメラにFUJIFILM Xがある。
X-Pro1からはじまりその当時はなんとも焦れったいレンジファインダー的ミラーレスであったものの、
その進化のスピードは驚くべきものがあり、
X-Pro2においてシャッターフィーリングやハイブリッドファンダーなど
あらゆるポテンシャルが上がり軽快スナップシューターそのものである。
X-Pro2を手にしたときLEICAは自分にとって必要なんだろうかとまで思った。
しかし、レンジファインダーで撮るという感覚はまた別の世界。
何ものにも代え難い。
そうなればM型ライカに求めるものはレンジファインダーとしての純粋な姿のみ。
レスポンスの良さやピント精度(距離計なので限度もある)が上がる分には大歓迎だが、
高画素やハイテク機能はSLなど別のモデルでやって貰えればいいと思う。
M型ライカは、個人的にこのM-P(typ240)で完結かもしれない・・・。

これとは別に自分の中にずっと気になる存在だったのがLEICA M Monochromである。
よく言われている写りのすばらしさは、私にとって大した問題ではなく、
やはりLEICAがこのカメラを世に送り出したことと、何よりM Monochromの存在そのものである。
話せば長くなるし、書ききれないので詳しくは会ったときにでも思うけど(聞きたくもないだろうけど)、
そのM Monochromをついに手に入れることが出来た。
Typ246はどうしてもTyp240と被るのでCCDのM Monochromを探していた。
こういったものは出会いで奇跡的にデッドストックのようなMMに巡り会えた。
久しぶりのCCDのLEICA M。
シャッターチャージや書き込みスピードなど今となってはもっさりしているものの
サイズ感としてこのコンパクトさは、なにかレーシングカートを操るような感覚がある。
何よりこれ以上もこれ以下もないというLEICA MMには他にはない潔さと魅力を感じる。
そしてブラッククロームの渋さに、一切の文字を廃止したルックス。
Elmarなんて付けた姿は鳥肌ものの佇まい。もうカッコ良すぎる(笑)

LEICA M Monochrom M-P typ240

Mボディの移り変わりと共に、レンズも何本も手に入れては手放した。
現在所有のライカレンズは4本。
35mm、50mmはSummilux ASPH.。75mmは今年に入りApo Summicronを手に入れた。
それとElmar 5cm。
まだまだ使って見たいレンズは沢山あるが、
この4本は手放すことはないと思う。(言い切れないけど)

LEICAとともに10年。
ライカ使いの諸先輩から見ればまだまだ浅瀬を泳いでいる状態だが、
二重像を合わせシャッターを落とす。
このリズムはスナップシューターとして他にはない心地よさ。
レンジファインダーは私にとって無くてならないカメラである。

LEICA M Monochrom

LEICA M Monochrom / LEICA Elmar 5cm F3.5

刈込池の朝

X-T2 刈込池

福井県大野の先にある刈込池。
携帯電話が圏外になってさらに車で15キロ程走ると上小池駐車場に着く。
そこから山岳トレッキング。
回り込んで距離のある岩場コースと最短石段コースがあるが、おすすめは岩場コース。
石段コースは700段と気が遠くなるのでやめた方がいい。
岩場コースも前半はハイキング気分だが後半350段ほどの岩場を登る。
これが結構な登り...。
歩き始めて1時間ほどだろうか。程なく池が見えてくる。

雨のロケハンと合わせて今年2回目。
10月24日、快晴の朝を迎えることが出来た。
いい紅葉の時期は非常に短い。
合わせて天気が良い日となると本当にピンポイント。
平日にもかかわらず多くの人が足を運んでいた。

X-T2 刈込池

機材はFUJIFILM X-T2にXF16-55mm F2.8とX-Pro2にXF10-23mm F4。
三脚は軽量重視でマンフロットのカーボンに雲台はXPROギア雲台。
この雲台はマンフロットのギア付きの中でも圧倒的に使いやすい。
カメラ、レンズが軽量になれば雲台もコンパクトなものが選べる。
光学一眼レフを使っていたころは、ボディ、レンズ共に重いのでこうはいかなかった。
X-T2、X-Pro2に防滴仕様のXF16-55mmやXF50-140mmがあればほとんどの仕事もこなせる。
ミラーレスの進化は身体にもやさしいな。

shot with FUJIFILM X-Pro2 / XF35mm F1.4R

南加賀の朝

FUJIFILM X70 白山

FUJIFILM X70 白山

FUJIFILM X70 白山

10月も後半に入り朝夕も冷え込んできた。
早朝の自転車ライドも、この時期は陽の登るいい時間になる。
小松前川や、佐美町の朝霧に浮かぶ白山はなんとも言えず美しい。

shot with FUJIFILM X70

20161014-_DSF1057.jpg

20161014-_DSF1076.jpg

20161014-_DSF1089.jpg

いつも大きめの機材を背負って走るときはKATAのリュックタイプだが、
たすき掛けの出来る小さなBianchiのカメラバッグを買った。
FUJIFILM X70とちょっとした小物が入る。
X70のデジタルテレコンを使えば28mmのほか、35mm、50mmと切り替え出来るので
朝の日常ショットには十分な守備範囲となる。

20161014-_DSF1036.jpg

20161014-_DSF1082.jpg

南加賀から望む白山。
木場潟や柴山潟の湖畔に映る白山も美しいが、
やはり日常の何気ない景色に見える白山がいい...。

20161014-_DSF1070.jpg

shot with FUJIFILM X70

広く明い眼 ULTRON 21mm

LEICA M-P typ240 Ultron 21

LEICA M-P typ240 Ultron 21

LEICA M-P typ240 Ultron 21

レンジファインダーで21mmという焦点距離はド定番のワイドであろうと思います。
現行レンズだとLEICA、Zeiss、Voigtländerなど選択肢がありますが、
大口径好きとしてはLEICA Summilux 21mmという手の届かないものを除けば
当ULTRON 21mmが最有力候補となります。
諸評価を見れば周辺の色被りもないと言う事で手に入れました。
早速撮って見て、ニヤリ。
開放では柔らかい周辺光量落ちもあり、まさに大好物の写り。
ピントの立ち具合にやさしいボケ味など非常に佳いレンズです。

LEICA M-P (typ240) / ULTRON 21mm F1.8 Aspherical

Voigtländer Ultron 21mm

Voigtländer Ultron 21mm

Voigtländer Ultron 21mm

21mmは以前、ZEISS C Biogon 21mm ZM を所有していたことがあります。
あれはコンパクトで解像度も高く素晴らしい描写でしたが、使用したのはLEICA M8の頃でした。
今回21mmを求めるに際し候補にもなっていましたが、この大口径を選んでしまいました。
今、M-P (typ240)で使うと周辺部はどうだろう?と気になるところです。

現代のレンズ設計は、周辺まで解像度高く光量も十分というところを目指すのですが、
ことワイドレンズに関しては多少の周辺光量落ちは奥行き感も出て表現のひとつだと思います。
最新設計でデジタルにも対応し色被りも除去した当レンズですが、
こういった味わいを残してくれているのはフォクトレンダーならではの気がします。
当然、絞っていけば周辺光量落ちも解消されていきますが、
もちろんそんなために絞ったりなんかしません。なにせ大好物ですから。

いやーいいレンズだ。

Voigtländer Ultron 21mm

LEICA M-P (typ240) / ULTRON 21mm F1.8 Aspherical

写真展 Snaps Italia 2010-2015 ご来場ありがとうございました。

20160911-_DSF0052.jpg

photostoyama_talk712.jpg

写真と講学「フォトスとやま」においての写真展。
Snaps Italia 2010-2015に沢山のご来場ありがとうございます。
僅か二日間の展示ながら富山の方や、石川の方。遠くは神奈川からも足を運んでくれた方がいらっしゃいました。
本当にありがとうございます。
貴重な時間にわざわざ足を運んで頂くと言うにはそれに応えるだけのものをといつも思っています。

今回は私のSnaps Italiaのほか、写真家・永嶋勝美さんとのクロストークや、
永嶋さんによるプリントセミナーなど、私自身学ぶことも多かったです。
あらためてこのイベントにお誘い頂いた事に感謝致します。
運営スタッフの皆さんありがとうございました。
このすばらしいイベントが続いていくことを願っています。

20160911-_DSF0041.jpg

20160910-_DSF0024.jpg

20160911-_DSF0035.jpg

20160911-_DSF0039.jpg

shot with FUJIFILM X-T2 / XF35mm F1.4 + XF10-24mm F4

写真展 Snaps Italia 2010-2015

Snaps Italia

写真と講学「フォトスとやま」で開催されます、高橋俊充写真展 Snaps Italia 2010-2015。
明日明後日、2016年9月10日(土)11日(日)の開催となります。
2010年に訪れたフィレンツェ、ミラノから2015年のシチリアまで14点の大判プリントです。
その内8点は山田写真製版所にて今回の展示に向けプリントしたものです。
見逃せませんよ。
そして展示プリントはすべて販売いたします。
大判プリントはもちろん、小さいサイズのオリジナルプリントも限定で販売いたします。
売り上げの一部を 「2016年イタリア中部地震救援金」にお送りする予定です。

また、明日9月10日(土)15時から同会場にて
永嶋勝美×高橋俊充 クロストークセッション+ポートフォリオレビュー
が開催されます。参加費は無料です。
写真家永嶋勝美さんと写真、プリントについていろいろお話しできたらと思います。

私は10日午後から11日の終了まで会場にいます。
僅か2日間の写真イベントですがお近くの方はぜひお越し下さい。

会場:フォルツァ総曲輪(そうがわ)
〒930-0083 富山県富山市総曲輪3-3-16
総曲輪ウィズビル4F・5F
TEL 076-493-8815  FAX 076-493-8845

写真展 Snaps Italia 2010-2015

Snaps Italia X70

Snaps Italia X-E2

9月10日(土)、11日(日)と富山で開催される写真イベント「写真と講学フォトスとやま2016」にて
写真展「Snaps Italia2010-2015」を開催頂く事となりました。
2010年から訪れたイタリアでのSnaps。
昨年暮れのシチリアでの未発表作品も展示いたします。

プリントサイズは900mm×600mmなど大判で、
写真集「Sicilia Snaps」を印刷していただいた山田写真製版所のプリントもあります。
僅か2日間ですが、ぜひ足をお運び下さい。

Snaps3-712-L1001472.jpg

また「フォトスとやま2016」では期間中様々なイベントも開催されます。
写真家 永嶋勝美さんのセミナーでは
「プロが教えるデジタルの基本、撮影からプリントまで」として
カラープリンター、用紙の選び方からカラーマネジメントまで
様々なプリントテクニックを学ぶことができます。

詳しくはこちらをご覧ください。
写真と講学「フォトスとやま」期間中イベント

この他様々な催しを企画中とのことです。
ぜひご参加下さい。

写真と講学「フォトスとやま」公式サイト
会場:フォルツァ総曲輪(そうがわ)
〒930-0083 富山県富山市総曲輪3-3-16
総曲輪ウィズビル4F・5F
TEL 076-493-8815  FAX 076-493-8845
http://forza-sgw.jimdo.com/

shot with FUJIFILM X70 / FUJIFILM X-E2 / LEICA M9

KYOTO by THE VISITOR'S EYES with X70 21mm

FUJIFILM X70 + WCL-X70 ワイコン

祇園祭 FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

ふと訪れた京都。
町に近づくとなにやら交通規制で車が進まない...。
祭りのようだ。
やむをえず少し外れに駐めて歩いた。

この日「祇園祭」であった。

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

20160712-_DSF0745.jpg

メインは週末とのことで人混みを横目に錦市場へ...。
この日はわが家の愛犬と、お友達犬を引き連れて京都の町を歩いた。
湿度と熱気で犬たちもゼイゼイ。
水を与えていたら通りすがりのおばさんに「幸せな犬だね〜」って感心された(らしい)。

20160712-_DSF0740.jpg

20160712-_DSF0742.jpg

20160712-_DSF0773.jpg

20160712-_DSF0798.jpg

20160712-_DSF0800.jpg

20160712-_DSF0802.jpg

自転車仲間に清水さんっていう酒豪がいる。
その方のお店か?って思うほど雰囲気がいい(笑)。
今度来た時は一杯行きたい。

20160712-_DSF0793.jpg

何度も訪れてる京都だが、いつも新鮮。
手持ちのレンズが変われば気持ちも変わる。
ワイドのストリートスナップは21mmが身体に馴染む。

FUJIFILM X70 with WCL-X70

SKYLINE by THE VISITOR'S EYES with X70 21mm

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

壮大な景色こそワイドで捉えたい。
森林限界にはX70 21mm。
切れある単焦点は気持ちがいい。

FUJIFILM X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

乗鞍スカイラインヒルクライムレース2016。
最高の天気に恵まれた。

FUJIFILM X70 with WCL-X70

TOKYO by THE VISITOR'S EYES with X70 21mm

FUJIFILM X70 WCL-X70

FUJIFILM X70 WCL-X70

FUJIFILM X70 WCL-X70

歩き慣れないものにとって東京の町の見え方は違うのか...。
いつものローカルな景色からの空路から。

FUJIFILM X70 with WCL-X70

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

FUJIFILM X70 WCL-X70 ワイコン

折角なのでと、高いところに登りたいのは常...。

FUJIFILM X70 with WCL-X70

雨のタイムトライアル

20160703-_DSF6102-2.jpg

雨の中走る姿がこんなカッコイイとは。

FUJIFILM X-Pro2 / XF50-140mm F2.8R WR

続きを読む…

黄金の武家屋敷

武家屋敷 X70

夜の金沢長町武家屋敷跡は、土塀に金箔がはられたよう...。

この小径が事務所から駐車場までの道。
歩いて7分ほどかかるが、観光気分で歩けばそれほど遠くない。

武家屋敷 X70

X70 WCL-X70

FUJIFILM X70 + WCL-X70

続きを読む…

小松の水引

小松の水引

家族の祝い事で水引をお願いしました。
あらため見事な細工だと感じます。
大切にしたい日本の文化はあります。

水引

FUJIFILM X-E2 / XF60mm F2.4R

続きを読む…

Dog Portrait

20160523-L1000214-2.jpg

LEICA M-P (typ240) / Apo-Summicron 75mm ASPH.

RF 75mm

LEICA M-P typ240 Heliar classic 75mm

75mm。
一眼レフにはあまり見かけないがレンジファインダーにはよくある焦点距離。
50mmや35mmはよく使うのだが、75mmはというとあまり出番がなかった。
しかし、スルーファインダーを覗きながら、
ブライトフレームにシーンを切り撮るという事からすると75mmは絶妙な焦点距離のような気がする。

LEICA M-P ty240 Heliar classic 75mm

HELIAR classic 75mm F1.8。
F1.8と言う大口径で、コシナサイトに寄れば50mm F0.8と同等のボケが得られると書いてある。
まさにそのボケの大きさと、HELIAR classicの独特の柔らかいボケ味は魅力溢れるものだ。
LEICA M9の頃に手に入れた当レンズだが、やや焦点距離に馴染みが無くほとんど防湿庫に鎮座していた。
がしかしここに来て、
何故かレンジファインダー75mmという焦点距離で撮りたいという突然の想いが降って湧き(謎)、
LEICA M typ240に付けて近くを散策した。
ファインダーを覗き、二重像を合わせ50mmより小さい75mmフレームに思いを込めてシャッターを落とす。
これが思いのほか楽しく、気持ちいいリズムでシャッターを落とすことが出来た。
レンジファインダーの楽しさはやはりシーンを切り撮るという感覚。
この75mmには、50mmや35mmにはないぐっと切り詰めるという感覚があり、
これはこれで楽しいスナップシューターだと思う。

LEICA M-P typ240 Heliar classic

LEICA M-P ty240 Heliar classic 75mm

そしてこのHELIAR classic 75mmだが、LEICA Mに付けて撮ってみると
ものすごく佳いレンズだと再認識した。
M9の頃は、そんな驚く印象はなかったがM typ240での画は別物だと感じる。
レンズ変われば写真は変わるが、同じレンズでもボディ変わればここまで変わるかという印象だ。
最近手に入れたレンズにUltron 21mm F1.8がある。
これも驚くほど好印象なレンズだ。
最近のフォクトレンダーレンズは本当にいいと思う。
いずれもLEICA M typ240で撮ってのことで、
逆にLEICA M typ240の良さを再認識することとなった...。

LEICA M typ240 Heliar classic 75mm

LEICA M-D Typ 262というモデルの噂がある。
背面液晶も取り除いたデジタルライカにおいて究極のMである。
FUJIFILM X-Pro2がある今、M型LEICAはこのくらい潔いものでいい気がする...。

20160422-L1001640.jpg

LEICA M-P(Typ240) / HELIAR Classic 75mm F1.8

レンジファインダーというカメラ

X-Pro2 ACROS

私自身、写真を撮る面白さを一番感じるカメラはレンジファインダーである。
素通しのファインダーを覗き、捉えたいものにピントを合わせシャッターを落とす。
細かい構図やボケなどに惑わされず、
ファインダーの向こうに見えるカメラに納めた情景だけに集中できる。
そして捉えた写真は一眼レフのそれとは明らかに違う。
臨場感であったり、空気感であったり...。
構図が甘かったり、ピントがゆるかったりもするだろう。
そんな事どうでもいいと思えるほど、一枚の写真から伝わってくるものが全く違うと感じる。

X-Pro2 ACROS

そしてレンジファインダーには写真を撮る悦びがある。
EVFファインダーはその進化も著しく、見栄も以前とは比べものにならない。
仕上がりの絵が想像できるというか、仕上がりの絵そのものが見えるのである。
これは失敗の許されない仕事においてはありがたいこと極まりないのであるが、
こと写真を楽しむと言うことにおいては、撮る前から仕上がりが見えてしまっているわけで、
ある意味、夢も希望もない...。
それこそフィルムで写真を楽しんでいた頃は
「目の前にある光景を写真に納めたら...」
といろんな事を想像しながらシャッターを落としたものだ。
モノクロ写真だったらファインダーの向こうに見える光景を、頭の中でモノクロームに置き換えていた。
さらにレンジファインダーにはボケも見えない。
絞り値を決めることによってそのボケ具合も想像していた。
そして仕上がりの写真に一喜一憂する。
想像通りのイメージに捉えられたり、また想い以上の絵が生まれていたり...。
写真を撮る行為とはなんと楽しいんだろう。
まさにレンジファインダーには写真を撮る悦びが詰まっているのだ。

X-Pro2 Acros

FUJIFILMはそのレンジファインダーで撮る悦びを大切にし、
X-Pro2は現代においてレンジファインダーとして進化し続けているカメラだと思う。
もちろん厳密に言えば距離計が組み込まれているわけでは無いのだが、
撮影スタイルはレンジファインダーといえる。

X-Pro1からFUJIFILMを使い始めて4年間。
いろいろ感じた想いをXストーリーに綴っています。
ぜひご覧ください。

Xストーリ「作品を撮りたいと思わせるカメラ。」

20160328-_DSF3568.jpg

FUJIFILM X-Pro2 / XF56mm F1.2R

バルナックスタイル FUJIFILM X70

FUJIFILM X70

富士フイルム X70。
Wide 28mm単焦点にこのルックス。
すこぶる気に入っている。

28mm単焦点コンパクトで揺るぎない存在と言えばリコーGRだろう。
個人的にGRはフィルム時代にGR1s。デジタルになってGR DIGITAL IIを愛用していた。
X70の登場に「おっ、XシリーズのGR版か」と正直思ったものである。
しかし少し使ってみるとすぐにそうでないことに気づく。
全く性格の違うカメラなのだ。

イメージとしてGRは、コンパクトカメラに究極の28mmレンズを搭載した、べらぼうによく写るスーパーコンパクト。
沈胴レンズで、現行GRはやや大きくなったものの頑張ればズボンのポケットにさえ入る。
かたやX70は、究極の28mmレンズを搭載といったところは同じだが、
こちらはXシリーズからファインダーなど取り除き、
徹底的に小さくしたレンズ一体型のミラーレス一眼レフである。
サイズこそ近いものの、それぞれの魅力は違う所にある。

X70は、絞りリングに、シャッタースピードダイヤル、
露出補正にフォーカス切り替えスイッチなど、すべてXシリーズそのもの。
GRと云々言うより、カメラとして比較するとすれば
35mm判とAPS-Cのセンサーサイズの違いはあるもののLEICA Qだろうか。
絞りはレンズ鏡胴にあってシャッタースピードダイヤルが上から見ることが出来るスタイルは、まさにSmall X。
X-T1やX-Pro2、さらにLEICA Mと併用することも多いと、
違和感無く持ち替えることが出来、とっさの時も自然に指が動く。
レンズが固定鏡胴である事により電源スイッチ入れた瞬間シャッターを落とすことが出来る。
非常に軽快だ。

さらに何度も言うけど、気に入ってるのがこのデザイン。
FUJIFILM Xシリーズ中美しさは一番でしょう(笑)。
個人的にはXQ1にあったようなオールシルバーボディや、
ウッドグリップなどの限定モデルなど出た日には、色違いで揃えたいところである。

FUJIFILM X70 ファインダー フォクトレンダー

フォクトレンダーの21/25の丸型ファインダーは、
ファインダー枠こそ25mmだがX70の画角に違和感は無い。
21mm枠はワイドコンバージョンレンズ用に欠かせない。
そしてX100と共用の丸形フードともマッチして眺めてるだけで嬉しくなる。
いかにもと言うカメラバックやケースに入れるのではなく、
普通のビジネスバッグやショルダーの中からさり気なく取りだし、
スッと立ち上がったファインダーから、素通しの世界を覗き込みシャッターを落とす。
まさにバルナックライカのスタイル。
いや〜ステキだ(笑)。

FUJIFILM X70

20160302-_DSF0256.jpg

FUJIFILM X70

FUJIFILM X70 白山

FUJIFILM X70 Abarth 500C

Colnago C60 FUJIFILM X70

日常生活はもちろん、X70は昼夜問わず欠かせない存在となっている。
日の出前の自転車ライドから、帰宅時の車中まで...。
もちろん旨い昼飯を見つけたときも(笑)。
いい出会いはいつ何時でも現れる。

FUJIFILM X70 Colnago C60

朝の光の中に佇む愛車COLNAGO。
いやー美しい。
美しさは何ものにも代えがたいね。

shot with FUJIFILM X70

Drive in sicily × FUJIFILM X70

FUJIFILM X70 Sicilia

FUJIFILM X70 Sicila

今回のシチリアはレンタカーを借りた。
列車やバスなど、交通網があまり充実していないシチリアはレンタカーで回るのが一番であろうと思う。
事前に自分の行きたい先をグーグルマップに登録しておき、
現地ではiPhoneを車にセットし自由気ままに移動することが出来た。
ふとした風景に立ち止まり、時間があれば思いつきで別の町を訪れたり...。
いつもの旅では出会う事の出来ない風景も目にすることが出来た。

FUJIFILM X70 SICILA

FUJIFILM X70

サーフィンを楽しむ若者達がいた。
どこの海岸だっただろう....。

shot with FUJIFILM X70

Cibo SICILIANO × FUJIFILM X70

FUJIFILM X70 フリット

Cibo Siciliano.....シシリア料理。
って言いながら特にそれらしいものを選んで食べていないが、
とにかくシチリアの料理は安くて美味い。
ミラノでもローマでも、イタリアで食事したことのある人なら分かると思うけど、
とにかくボリュームがあって美味いのがイタリアン。
それでもシチリアはまた特別に、安くて美味い店が多い。

と偉そう事を言っても、そんなに立派な高級店には入った事があるわけでもなく(汗)、
大体トラットリアかカフェテリア。
そして情報収集はもっぱらトリップアドバイザー。
予算と、その時食べたい料理で適当に選んでいるけど、上位の店にほとんどハズレはない。
っていうか上位じゃなくてもどこも美味い。

FUJIFILM X70 生ハム

FUJIFILM X70 ボンゴレ

写真のお店はカターニャで見つけたシシリア料理Da Antonio。
シチリアだけにシーフードがメインだが、生ハムとチーズ。
それに海鮮フリットをつまみにBIRRA MORETTIを(笑)
もうそれだけで満足なんだがボンゴレなんかもオーダーしてみる。
いや〜、はち切れんばかりのお腹となり夜のスナップに精が出る(笑)。

このほか今回の渡航で美味かった店がラグーサで入ったCucina e Vino。
このお店はラグーサで同じB&Bに泊まっていたドイツ人夫婦に薦められたリストランテ。
丁度その日の昼食べた食事が良くなかったのか体調が最悪だったものの、本当に美味かった。

FUJIFILM X70 ポーク

骨付きポークのハーブグリル(名前適当)と野菜のグリル。
このほかトマトソースのパスタ料理も注文したかな。
とにかくこのポークが出てきたときには笑ってしまった。
食べても食べても減らず思いっきり残すことに(汗)。
しかし、この写真を見返すとやっぱり美味そうだ...。
今度は体調十分にして再チャレンジしたい。(って行く事あるのか(笑))。
その時はもう骨ごと握って食べてやる。

shot with FUJIFILM X70

SICILIA × FUJIFILM X70

sicilia FUJIFILM X70

富士フイルム X70はAPS-Cで28mm単焦点。
絞りはF5.6あたりでパンフォーカス気味にストリートショットを撮っていくイメージだが、
F2.8の開放で捉えると想像以上に美しいボケを生んでくれる。
X100の場合、ややオールドレンズを彷彿させる柔らかい描写だが、
X70は開放からかなりシャープにピントを結び、特に近接ではその違いを大きく感じる。
ルックスの良さに隠れてしまっているけど、このカメラもやはりレンズのすばらしさが光る。

shot with FUJIFILM X70

FUJIFILM X70 フード ファインダー

X100と共有の円形フードに、フォクトレンダーの丸形ファインダーを装着してみた。

なんだこの佇まい!!

EVFを取り除いて薄くコンパクトになったボディに光学ファインダーを身にまとった姿は、
Xシリーズの中でも一番いけてるんじゃないだろうか。
AFはゾーンにセットし、光学ファインダーでフレーミングして撮影してみると
しばらくデジタルカメラで得る事の出来なかった超の付く軽快スナップシューターと化する。
分類としてRICOH GRなどと同じくコンパクトデジタルに入ると思われるが、
X70は操作系も含めて、完全に28mm単焦点ミラーレスデジタルである。
絞りリング、シャッタースピードダイヤルに露出補正など
X100と同じ感覚でダイレクトに操作ができる。
さらにチルトの液晶やタッチパネルは最初要らないよって思っていたものの、かなり有効的に使える。
ほんとサイズ的にはX-Pro2やX-T1、LEICA Mのサブ的な感覚だが、
もうこれ一台でいいんじゃないかなと(笑)。
いやー、愛すべきカメラだ。

FUJIFILM X70

光学ファインダーにタイムラグはない。

ミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニアにて。

shot with FUJIFILM X70

X70でのシチリアはPHOTOLOGにて地味にアップ中。

続きを読む…

SICILIAN STREET × FUJIFILM X70

FIJIFILM X70 SICILIA

FUJIFILM X70 SICILIA

FUJIFILM X70 SICILIA

FUJIFILM X70 SICILIA

FUJIFILM X70

FUJIFILM X70 SICILIA

shot with FUJIFILM X70

昨年のシチリア渡航には富士フイルム X70を携えて歩いた。
X100の兄弟機とも言えるX70。
肩に掛けてもさり気なく、被写体に意識させることなく街を切り撮る事が出来る。
広角28mm相当となる焦点距離で、EVFこそ無いもののチルト液晶にて、
撮影スタイルにも自由度があり究極のスナップシューターだと感じた。

続きを読む…

あけましておめでとうございます。

Colnago C60

身近な打ち合わせ、ロケ撮影は愛車COLNAGOで廻ります(笑)。
本年もよろしくお願いいたします。

橋立海岸にて。

Thanks 2015

X-T1/XF35mm F2 R WR

2015年。残すところ3日です。
今年も一年ありがとうございました。

シチリア渡航記もまだまだ出だしですが年を越します(汗)。
来年は発表の機会も作りたいなと思っています。

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

シチリア、ポッツァーロにて。
shot with FUJIFILM X-T1 / XF35mm F2 R WR

カターニャの夜

カターニャの夜

成田からローマで乗り継ぎカターニャに入った。
アリタリアを利用すると大体夜遅い時間に到着する。
通常ならとりあえず空港そばのホテルでもってなるところだが、
旅先の朝夕はスナップに欠かせない時間帯。
ちょっと無理してでも街中の宿に入りたい。

今回のシチリアも泊まりはほとんどがB&B。
ベッド&ブレックファーストという部屋と朝食だけがついているもので、
予約したのは一泊7,000円ほどのところばかり。
7,000円ほどだからって部屋がチープだって事はなく、今時かなりスタイリッシュなところも多い。
しかしB&Bの不便なところは常時スタッフが居るわけではない。
チェックインの時間を事前に連絡しておいて、その時間にスタッフが来て待っていてくれるといった感じ。
これが実際は結構イタリアンなので、連絡しておいたのに入口の鍵がかかっていてって事が結構あったり...(汗)。

予約はいつもBooking.com。
とにかくドゥオーモ近くで、深夜12時までチェックインを受けてくれるB&Bをしらみつぶしに探した。
そして、かなりの好立地にあったのがAmenano Bed & Breakfast。
カターニャへのフライトは夜の10時20分着。
11時30分にチェックインするという事でメールしておいた。
しかし、案の定というかいつものように飛行機は遅れ、実際カターニャの空港に到着したのが11時30分頃だった。
着陸後、預けた荷物の出るのを待ちながらB&Bに電話した。
これが中々つながらない...。
何度がかけ直してようやくつながった。
「飛行機が遅れて今到着したんだ。もう少しかかる。待っててね...」
ってな事を伝えると
「全然大丈夫。気をつけて来なよ。」ってなウェルカムな返事だった。
しばらくして成田で預けた荷物は、今回もロストすることなく無事流れてきた。
急いで受け取りタクシーでB&Bに向かった。

カターニャの街中に着いたのは深夜の12時をまわっていた。
夜が遅いイタリアでもさすがに人影は少ない。
B&Bの場所はグーグルマップにチェック済み。
奥まった路地裏にあるB&Bを探しだし、インターフォンを押した。
「おう!来たかい!」と言った感じで門を開けてもらった。
迎えてくれた兄さんは電話の通りフレンドリーでとても親切だった。
一通りチェックインの手続きを済ませ、部屋の鍵をもらい朝食の説明など受けた。
「もう深夜12時もまわっているので静かに過ごしてくれ」と言い残して彼は帰って行った。

小松の自宅を出て約26時間。
長い移動、乗り継ぎを経てようやくカターニャの宿に着いた。
いや〜長かった。

少し荷物を開きながら窓の外を見た。
部屋は三階。
見下ろした路地裏の光景に心が高鳴った。
濡れた石畳。狭い道を結構なスピードで駆け抜ける車...。
シチリアに来たんだ。

思わずカメラを取り出し、シャッターを落とした。
Sicilia 2015。
何気ない風景だが最初の一枚となった。

LEICA M-P (Typ 240) / Summilux 35mm ASPH.

続きを読む…

二度目のシチリア

sicilia2015

晩秋のシチリア。
静かな町を歩いてきました。
以前訪れた時は初夏の陽気なシチリアでしたが、
これから冬に向かっていくシチリアもまた、シチリアでした。

戻って1週間ほどばたばたしていて、ようやく写真に少し目を通しています。

どういった形で公開するかはまた色々と考えながら、
今回の旅もいろいろと成長してきましたので(旅人として)、
少しエピソードなどを交えてBLOGを更新して行ければと思っています。

LEICA M-P (Typ 240) / Summilux 35mm ASPH.

写真展「原点、X100」

X100T Mare

8月21日より六本木のギャラリーXにて
写真展「原点、X100」が開催されます。

ファインダーを覗き、ブライトフレームに構図を描き気持ちを込めてシャッターを切る。
写真を撮るという行為に悦びを感じられるカメラってありそうで少ないものです。
ファインダーにこだわったXシリーズの原点、X100。

その写真展に、作品を2点展示頂く事になりました。
仕事以外でスッと肩に掛けて出掛けたくなるカメラ。
何気ない日常に出会ったシーンです。
作者が見えるX100らしい写真展ではないでしょうか。
プリントサイズは全紙、フジカラーマットペーパーにて展示されます。
お近くの方はぜひご覧ください。

http://fujifilm-x.com/gallery_x/ja/detail/20150821.html

朝霧のアサ

露XF16-55mm

20150710-_DSF6915.jpg

サイクルジャージが身体に張り付く。
そんな朝露の朝。
カメラバックを背負って加賀方面へ。

20150710-_DSF6936.jpg

20150710-_DSF6940.jpg

20150710-_DSF6918.jpg

20150710-_DSF6928.jpg

20150710-_DSF6958.jpg

加佐ノ岬灯台

辿り着いた先は加佐ノ岬。

もう一ヶ月も前の事でした。
写真を見返すとXF16-55mmF2.8 Rの切れ味に驚く。
このレンズの魅力は開放2.8のボケ味もさることながら解像力にあると思う。
霞んだ朝霧の中、浮かび上がったその像はカミソリで切ったよう...。

shot with FUJIFILM X-T1 / XF16-55mmF2.8 R LM WR

ペーパームーンの夕暮れ

ペーパームーン

営業は18時から。
しかし、ちゃちゃまる目当てに女子高生が集まる...らしい。

shot with FUJIFILM X-T1 / XF35mm F1.4R

キリッと

brittany Spaniel Mare Takahashi

Mare Takahashi。
5月12日、1歳になりました。
といっても一月前。
相変わらずやや小ブリのブリタニーです。

芦城公園にて。

FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R

続きを読む…

自然に抱かれる山頂の宿「生雲」

ikumotop2.jpg

2015年春、「生雲(いくも)」は「自然に抱かれる山頂の宿」として、
ご宿泊やお食事など、ご予約をいただいたお客様の特別な空間に生まれ変わりました。
円行山の山頂に立つ「生雲」は、東側に白山、
西側には日本海側の水平線と能登半島、金沢から越前松島までを望む
最高のロケーションにあります。
夕暮れ時には日本海に沈む雄大な夕日を眺めながらの入浴、
夜は北陸の豊かな素材を味わうお料理や美味しいお酒もお楽しみいただけます。

生雲WEBサイト www.ikumo-hakusan.jp/
生雲Facebook page 生雲Facebook page

白山 生雲

続きを読む…

朝ドラ「まれ」奥能登ライド

朝ドラ「まれ』奥能登ライド

20150502-DSCF2507.jpg

20150502-DSCF2480.jpg

20150502-DSCF2485.jpg

朝ドラ「まれ」の舞台、能登。
その地を巡って奥能登「まれ」ライドとばかり走ってきました。
この日の外浦は波もなく非常に穏やか。まるで琵琶湖のよう(笑)。
さらにやや霞んで海と空が溶け込んで何とも美しい景色の連続でした。

shot with FUJIFILM XQ1

続きを読む…

春は大漁

小松漁港

小松漁港

15-03-30L1001071.jpg

15-03-30L1001079.jpg

15-03-30L1001067.jpg

15-03-30L1001075.jpg

15-03-30L1001060.jpg

15-03-30L1001100.jpg

「たんと捕れたんねー、写真撮ってもいいけ?」
「ええけど、私ら撮らんといてや。美人やし」

さすが小松漁港のおばちゃん。
小松漁港も春は大漁です。

LEICA M-P (Typ 240) / Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II

三月の雪

珠洲 DP2 Merrill

三寒四温。
少し暖かくなってからの雪は、特別冷たく感じる...。
三月に入ってずっと寒い日が続いています。

shot with SIGMA DP2 Merrill

穴水 DP1merrill

shot with SIGMA DP1 Merrill

蛸島漁港 DP2 merrill

20120805-SDIM0548.jpg

内浦 DP2 merrill

穴水 DP2merrill

Merrillの色は冬の北陸に合っている気がする。
能登路にて...

shot with SIGMA DP2 Merrill

Shot of Duomo di Milano

20150226-_DSF4915-2.jpg

FUJIFILM X MOUNTカタログ 2015年版に、
ミラノ、ドゥオーモ広場の私が手なずけたハトたちが載っています。
(手なずけたはウソ...)

冗談はさておき、
このカタログは各レンズごとに世界各国の写真家のすばらしい写真が掲載されていますが、
その中のXF23mmの作例として載っています。
XF23mmはピント面のシャープさとボケの柔らかさが秀逸で、
非常に立体感のあるすばらしいレンズです。
その良さがハトたちの表情から伝わればうれしく思います(笑)。

また、このX MOUNTカタログは、単純にレンズの描写を伝える作例カタログと言うより、
作家性を感じる写真が多く、レンズごとにポートレートから風景まで大変見応えがあります。
私の写真もトーンを抑えた朝のミラノドゥオーモでのショットでお気に入りの一枚です。
撮影モードはプロビア。ややアンダーに補正していますが、JPGリサイズのみです。
また作品にはクレジットも入り表4には各写真家の中に混ざって顔写真も載っています(笑)。

カタログはカメラ店や大型電気店等で手に入ります。
ぜひ手にとってご覧ください。
さらにこのカタログを見てXFレンズ使いたくなって頂ければうれしい限りです。

X MOUNT LENSES & ACCESSORES (PDFページ)

続きを読む…

ペーパームーンのある夜

LEICA M-P (typ 240) / Summilux 50mm ASPH ペーパームーン

LEICA M-P (typ 240) / Summilux 50mm ASPH ペーパームーン

LEICA M-P (typ 240) / Summilux 50mm ASPH ペーパームーン

先月末、久しぶりにペーパームーンに訪れたらお休みだった。
もっきりやで平賀さんに聞いたら、来週には開いてるよって事で再訪。
冬の兼六園散策のあと立ち寄ったら、いつものあったかいペーパームーンが開いていた。

LEICA M-P (Typ 240) / Summilux 50mm ASPH.

LEICA M-P (typ 240) / Summilux 50mm ASPH ペーパームーン

LEICA M-P (typ 240) / Summilux 50mm ASPH ペーパームーン

いつものかおるさん。
そしていつもの笑い声といつものかっこよさ。

カウンターに座っていたら花屋のけいこさんがやってきて
中々楽しいいつものペーパームーン。
事務所も近いんでちょくちょく寄りましょう。

LEICA M-P (typ 240) / Summilux 50mm ASPH ペーパームーン

LEICA M-P (typ 240) / Summilux 50mm ASPH ペーパームーン

ペーパームーンのある夜はいいね。

LEICA M-P (Typ 240) / Summilux 50mm ASPH.

安宅漁港

X100T 安宅漁港

安宅漁港 X100T

安宅漁港 X100T

安宅漁港 X100T

安宅漁港 X100T

冬前の安宅漁港。
世界一安宅漁港を撮っているのは私だと思う。

shot with FUJIFILM X100T

2014年 ありがとうございました。

LEICA M9-P sicilia

今年も一年ありがとうございました。

今年はなんと言って3年ぶりの写真展「Sicilia Snaps」を開催する事が出来ました。
また合わせて自身初の写真集も制作させていただきました。
写真展ご覧頂いた皆様、写真集購入いただいた皆様、
そしてそれに際しお力を頂いた皆様本当にありがとうございました。

来年はどんな年になるか、また息の続く限りいろいろと発信していきたいと思います。

写真は、写真集「Sicilia Snaps 2013」最後に載せていますお気に入りの一枚です。
日曜昼下がりのトラパニの路地。
おだやかな陽射しに、奥のおじさんの愛犬でしょうか、じっとこっちを見つめていました。
また来年、こんな出会いがきることを願って...。

2015年もよろしくお願いいたします。

shot with LEICA M9-P / Summilux 50mm ASPH.

* 写真集「Sicilia Snaps 2013」初版は在庫も少ないですがまだあります。

ブライトフレームで切る X100T

X100T mare

X100T

X100T

素通しのガラスを覗き、
ブライトフレームに構図を描き気持ちを込めてシャッターを切る。
この行為に喜びを感じ、写真を撮り続けている人はいったいどれだけいるんだろう...。

一眼レフのファインダーを覗き、被写界深度を確認しながらフレーミングし、シャッターを切る。
この撮影行為からすると、レンジファインダーで写真を撮るなんて言うのはなんともアバウト。
しかしX100はこのブライトフレームにこだわり、
さらにAFで確実に撮る行為をX100Tで完成させた。

X100T mare 海

shot with FUJIFILM X100T

続きを読む…

Capo CASSANO

capo cassano logo
CapoCASSANO_B2_poster-3

CapoCASSANO_B2_poster-2

CapoCASSANO_B2_poster-1


Capo CASSANO 金沢ADC2014 会員特別賞をいただきました。

続きを読む…

日ノ出のとき

日ノ出のとき X100T

片山津温泉街から福井方面への丘陵地。
ここを天気の良い朝、自転車でライドするのが気持ちいい。
この時期、振り返ると白山から陽が登ります。

shot with FUJIFILM X100T

続きを読む…

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 終了致しました

Sicilia Snaps 写真展

昨日でSicilia Snaps 高橋俊充写真展 無事終了致しました。
本当に多くの方にご覧頂きありがとうございました。
東京からも決して近い距離ではありませんでしたが、
都内はもちろん関東近郊、遠くは石川県からも足を運んで下さった仲間もいて
本当に感謝致しております。

いつも思いますが写真展やイベントに来て頂くと言うことは大変なことだと思います。
写真展に足を運ぶと言う、皆さんに貴重な時間を頂いていることとなります。
それに対して来て良かったと思って頂けるよう頑張って参りました。

私の写真を気に入って見に来てくれた皆さん。
私のことを気に掛けて遠くから足を運んでくれた皆さん。
そしてシチリアが好きでいろんな繋がりから見に来てくれた皆さん。
本当にありがとうございました。いろんな出会いも頂きました。

そしてこの写真展開催に際し、稲垣さんはじめギャラリー関係者の皆さん、
そしてブログやFacebook、Twitter投稿など広めて頂いた皆さん。
多くの方の協力を頂きました。

皆さんから頂いた沢山の言葉を胸に今後もさらに活動できるよう頑張って参ります。
本当にありがとうございました。

--------------------------

この写真展で展示いたしました作品は
「Sicilia Snaps 2013 高橋俊充写真集」でもご覧いただけます。

Sicilia Snaps 写真集バナー

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 本日最終日です

Sicilia Snaps 写真展

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展。本日最終日となります。
平日、週末問わず、ブログなど見て頂いてる方から親しいお仲間まで本当に沢山お越し頂きありがとうございます。
本日最終日は午後5時までとなっています。
最後まで在廊しておりますので、ぜひお越し下さい。

本日最終日 17:00まで
入場無料
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3-16-11
TEL:080-9686-3232

Sicilia Snaps 写真展

20130517-L1005491.jpg

SNAPStitle2.png

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 最後の週末です

Sicilia Snaps 写真展

Sicilia Snaps 写真展

13-05-17L1005671.jpg

開催中のSicilia Snaps 高橋俊充写真展。
毎日のように案内させていただいてましたが、早いもので今週末で終了です。
本当に沢山の方にお越しいただけありがとうございます。
この週末12時より閉店まで在廊予定しています。

ツイッターやFacebookではギャラリーチェックインには投稿しようと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter @TAKAHASHI_td

明日10月5日(日)まで
12:00→18:00 最終日17:00まで
入場無料
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3-16-11
TEL:080-9686-3232

Sicilia Snaps 写真展

SNAPStitle2.png

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 二週目開催中です

Sicilia Snaps 写真展

Sicilia Snaps 写真展

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 昨日より二週目スタートしました。
オープンより本当に沢山の方にお越し頂きありがとうございます。
私は一旦地元に戻っていますが、この間も写真展見にいって下さる方の連絡を頂いています。
お会い出来なくて残念ですが本当にありがとうございます。

今週末4日(土)、5日(日)とまた在廊いたします。
最終日5日は午後5時までです。
皆さんぜひお越し下さい。

2014年9月24日(水)から10月5日(日)
12:00→18:00 最終日17:00まで・会期中9月29日・30日休み
入場無料
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3-16-11
TEL:080-9686-3232

20130517-L1005533.jpg

20130516-L1005241.jpg

SNAPStitle2.png

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 週末は好天予報です

Sicila snaps 写真展

開催中のSicilia Snaps 高橋俊充写真展。
平日からブログなど見て頂いてる方から親しいお仲間まで沢山お越し頂きありがとうございます。
週末の湘南は天気も良さそうです。ぜひ足をお運び下さい。
週末も12時より閉店まで在廊予定しています。

ツイッターやFacebookではギャラリーチェックインには投稿しようと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter @TAKAHASHI_td

2014年9月24日(水)から10月5日(日)
12:00→18:00 最終日17:00まで・会期中9月29日・30日休み
入場無料
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3-16-11
TEL:080-9686-3232

Sicilia Snaps 写真展

SNAPStitle2.png

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 開催中です

Sicilia Snaps 写真展

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 昨日より開催しました。
オープンより沢山の方にお越し頂きありがとうございます。
いつもブログ見ていますと声を掛けて頂きスローな更新頻度にもかかわらずうれしい限りです。
本日も12時より在廊予定しています。

少し周辺や都内へ出掛けたりもしますので、
お越しいただける方はFacebookメッセージやツイッターなどでご連絡頂くと助かります。
昨日も出掛けた際にお越し頂いた方もいらっしゃって申し訳ないことをしました。
ツイッターやFacebookではギャラリーチェックインには投稿しようと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter @TAKAHASHI_td

2014年9月24日(水)から10月5日(日)
12:00→18:00 最終日17:00まで・会期中9月29日・30日休み
入場無料
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3-16-11
TEL:080-9686-3232

Sicilia Snaps 写真展

SNAPStitle2.png

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 本日24日開催いたします

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 本日24日(水)から開催いたします。
24日(水)からその週末28日(日)までと10月4日(土)5日(日)と在廊を予定しています。

少し周辺や都内へ出掛けたりもしますので、
お越しいただける方はFacebookメッセージやツイッターなどでご連絡頂くと助かります。
ツイッターやFacebookではギャラリーチェックインには投稿しようと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter @TAKAHASHI_td

2014年9月24日(水)から10月5日(日)
12:00→18:00 最終日17:00まで・会期中9月29日・30日休み
入場無料
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3-16-11
TEL:080-9686-3232

SNAPStitle2.png

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 明日24日からです

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展 いよいよ明日24日(水)から開催いたします。
24日(水)からその週末28日(日)までと10月4日(土)5日(日)と在廊を予定しています。
少し出入りもしていますので、お越しいただける方はFacebookメッセージや
ツイッターなどでご連絡頂くと助かります。

Twitter @TAKAHASHI_td
Facebook Toshimitsu Takahashi

2014年9月24日(水)から10月5日(日)
12:00→18:00 最終日17:00まで・会期中9月29日・30日休み
入場無料
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3-16-11
TEL:080-9686-3232

SNAPStitle2.png

Sicilia Snaps 2013 写真集完成致しました。

Sicilia Snaps 写真集

ご案内段階から沢山のご予約頂きまして本当にありがとうございます。
写真集完成致しまして私の手元にも到着致しました。
白い表紙で隠し味としていました表紙のマットニスが
しっとりとやさしい風合いとなっています。
ぜひその肌触りをお手元で感じて下さい。
ご予約頂いてます写真集は24日発売日にはお届け出来るように発送させて頂きます。
もうしばらくお待ちください。
引き続き注文を受け付けております。以下よりご注文いただけます。
初版部数も限りがございます。ご希望の方はどうぞお早めに。
http://www.takahashi-design.com/blog/2014/09/sicilia-snaps-2013-2014924.html

また写真展会場にお越しいただけます方は、
ぜひ会場で手にとっていただきお求め頂ければ幸いです。

Sicilia Snaps 2013 高橋俊充写真集

Sicilia Snaps 写真集

「Sicilia Snaps 2013 TOSHIMITSU TAKAHASHI PHOTOGRAPHS」

Sicilia Snaps 高橋俊充写真集 2014年9月24日発売
発行:AAA Corporation / Gallery AAA
価格: 2,160円 (本体価格2,000円+税160円)
造本: A4変形 表紙1C 本文32ページ/カラー
写真点数:31点収録
撮影機材:LEICA M9-P、FUJIFILM X-E1、X100S
風合いのあるしっとりとした特殊紙に、写真用の高精細オフセット印刷です。
カバーはマットニス引きとなります(かなり隠し味です(笑))。

ご注文方法
[当サイトからは...]
申し訳ありませんが、現在当サイトには在庫がありません。
Amazonでは定期的に入荷いたしております。
今後増刷等の予定ありましたらご案内いたします。



メールアドレス snaps@takahashi-design.com 宛に
タイトルを「SNAPS写真集注文」としてメールを送ってください。
本文にはお名前、郵便番号、住所、複数冊希望の場合は冊数をご記入ください。
商品は順次メール便にて発送いたします。送料は当方負担でお送りします。
お支払いは郵便振替となります。
当サイトにてご注文分はサイン入りでお送りさせていただきます。

受付いたしましたら先ずは確認の返信をさせて頂きます。
※2日以内にメールが返って来ない場合、メールトラブルの可能性があります。
 出来ましたら別のメールアドレス(PCメール)からお送りください。

続きを読む…

SICILIA SNAPS 高橋俊充写真展

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展

昨年2013年5月。初めて訪れたシチリア。
地中海に浮かぶその島は、イタリアでありながら何か独立した国のようでした。訪れた6つの町もまた、それぞれ違う国に訪れたかのような趣を感じる。しかし、どの町にも共通してあるのは、白い砂ぼこりと乾いた空。そして旅人を受け入れてくれる暖かい笑顔でした。そんなシチリアの何気ない日常をドキュメンタリーで捉えた、2013年初夏のシチリア。
SICILIA SNAPS 高橋俊充写真展を開催いたします。

2014年9月24日(水)から10月5日(日)
12:00→18:00 最終日17:00まで・会期中9月29日・30日休み
入場無料
GALLERY AAA ギャラリー・トリプルエー
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3-16-11
TEL:080-9686-3232

9月24日初日から28日(日)、10月4日(土)5日(日)と在廊予定です。
詳細はBLOG、FACEBOOK等で案内していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

同時に写真集「Sicilia Snaps TOSHIMITSU TAKAHASHI PHOTOGRAPHS」
を発売いたします。
写真展会場ギャラリーAAAで販売はもちろん
ご予約も受け付けています。詳細はこちらまで。

SNAPStitle2.png
X-E1 Sicilia

Sicilia Snaps 高橋俊充写真展

夏の終わり

梯川土手

8月31日。
子供の頃は、一年で一番ヤバイ日でしたね。
明日から9月です。

梯川の土手にて。

FUJIFILM X-T1 / XF35mm F1.4R

WE LOVE 大川町

大川町夕焼けライブ2014 佐々木忠平

大川町夕焼けライブ2014 佐々木忠平

私の生まれ育った町。そして今も住んでいる町、大川町。
その西照寺にて「大川町夕焼けライブ2014」が開催されました。

金沢がクラシックの街とすると小松はとりわけロックの街。
その大川町が生み出したロックスターといえば「めんたんぴん」佐々木忠平さん。
その忠平さんをメインに大川町在住、またゆかりのあるミュージシャンが集まっての一大音楽祭でした。
ロックありフォークあり、クラシックあり謳いありとバラエティに富んだスーパーライブ。
最後は飛び入り参加の地元アーティスト共に大変な盛り上がりでした。

FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R

続きを読む…

新しい家族

Brittany Spaniel puppy

先月7月15日。
わが家に新しい家族が増えました。
5月12日生まれのブリタニースパニエル。

前の愛犬を亡くしてから3年経ちました。
愛犬と共に歩いた道すがら、撮った写真は数えきれません。
BLOGやPHOTOLOGにアップしていた愛犬と歩いた何気ない日常スナップが
自身、一番のライフワークでした。
新しい家族と共に、何気ない日常を綴って行くことで、また何かを見つけることができれば。

FUJIFILM X-T1 / XF56mm F1.2R

X-E2 Snapshooter 進化形

20140511-_DSF3312.jpg

20140510-_DSF3169.jpg

20140510-_DSF3174.jpg

20140511-_DSF3292.jpg

20140511-_DSF3263.jpg

X-T1は完全仕事カメラが板についてきて、
スナップにはやはりX-E2がいいね...。

FUJIFILM X-E2 / XF35mm F1.4R

続きを読む…

京都散策絵

20140510-L1007039.jpg

KYOTOGRAPHIEの点在する会場を一軒一軒回りながら
烏丸周辺や祇園などを散策出来るというすばらしいイベント。
やはりこれは京都ならではと感じます。

LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

続きを読む…

KYOTOGRAPHIEに京都へ

20140510-L1007017.jpg

KYOTOGRAPHIEに京都へ行ってきました。
昨年から始まった京都国際写真祭。
京都を舞台に伝統文化と現代アートの融合という面白い試みの写真フェスティバルです。
昨年も来たかったイベントですが結局行けずじまいで、
今年はギリギリ最終日、足を運ぶ事が出来ました。

LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

20140510-L1006978.jpg

20140510-L1006999.jpg

続きを読む…

春の主計町

20140409-_DSF1577-2.jpg

20140409-_DSF1609.jpg

遅かりし...。
今年の桜の散り始めの頃です。

FUJIFILM X-T1 / XF10-24mmF4R OIS

アイルトン・セナが走った鈴鹿

20140501-sena-suzuka1990-3.jpg

20140501-sena-suzuka1989-1.jpg

1994年のF1サンマリノGPで
アイルトン・セナが悲劇的な事故死を遂げてから今日で20年の月日が流れました。

1988年から数年鈴鹿でF1グランプリが開催されると観戦に足を運びました。
写真は1990年(上)と1989年(下)のアイルトン・セナです。
1990年の鈴鹿はスタート直後第一コーナーでのプロストとのクラッシュがあり、
決勝でコースを一周することはありませんでした。
写真は決勝前日予選二日目での走り。ヘアピンを抜けるセナです。
皆それぞれにF1には思い入れあると思いますが、
個人的にはセナ、マンセル、プロスト、ピケ...というこの時代が一番見ていて白熱しました。
いろいろなドラマがあった鈴鹿日本グランプリ。
懐かしいです。

Taken with Canon EOS 620
Kodachrome , Plustek OpticFilm 8100

三色だんご

20140426-DSCF1578.jpg
20140426-DSCF1611.jpg
加賀市勅使より立杉峠にて。
サイクリングスピードで気づく何気ない景色です。

taken with FUJIFILM XQ1

濃霧の朝

20140424-DSCF1462.jpg

20140424-DSCF1464.jpg

20140424-DSCF1504.jpg

20140424-DSCF1509.jpg

昨日の朝です。
いつものように自転車に空気を入れ走り出しました。
走り出してまもなく、小松前川あたりからその先は一面真っ白。
ここまで濃い霧の朝は中々無いですね。

Taken with FUJIFILM XQ1

殿様の眺め

XF10-24mm

20140405-_DSF2596.jpg

20140405-_DSF2609.jpg

春の兼六園。
内橋亭から...。

桜は遠目に見えるだけですが、
何かお殿様の眺めです。

FUJIFILM X-E2 / XF10-24mmF4R OIS

続きを読む…

日々のXQ1

XQ1

20140409-DSCF1313.jpg

XQ1

20140319-DSCF1212.jpg

Taken with FUJIFILM XQ1

日々どんな時でもカメラを持って歩いているわけではありません。
しかし、いいシーンに出会う時って意外とカメラを持っていなかったりするもんです。
っでそんな時はiPhoneっで撮ったりします。
これがまたよく写るんで結構いい写真はiPhoneに納まっていたり...(笑)。

しかし、折角のシーンはちゃんといいカメラで納めておきたいもので、
特に自身の日課でもある早朝の自転車ライドでは日の出のいい光に出会う事が多いです。
常々よく写るコンパクトを手に入れたいなと思いながらいろいろ物色するも、
中々ぴんと来るやつがありませんでしたが、このXQ1はコンパクトさとデザインにやられましたね。
久しぶりにいつも持ち歩きたいコンパクトカメラです。

FUJIFILM XQ1

続きを読む…

コハクチョウの帰る季節

20140312-DSCF1111.jpg

20140312-DSCF1116.jpg

20140312-DSCF1125.jpg

週明けに雪が降ったかと思えば、昨日は一気に気温も上がりました。
やや霞んだ景色が春の訪れを感じます。

小松、加賀で羽根を休めていたコハクチョウも大分減りました。
毎朝コハクチョウの数を数えている野鳥愛好会の寺谷さん。
この冬、よく顔を合わせたのですっかり親しくなりました(笑)。
寺谷さんの話では、今いるコハクチョウも南から上ってきた鳥たちだそうで、
お彼岸の頃にはほとんど北へ帰るそうです。
暖冬になって久しいですが、コハクチョウなど野鳥は気温ではなく太陽の角度を見て渡り歩いているようで、
暖かいからと早く北へ帰っていくと言う事ではないようです。
自然界で生きる鳥たちだけの何か神秘的なものを感じます。
待ち遠しかった春も近いですが、このコハクチョウの姿も見れなくなると思うと寂しい気もします。

Taken with FUJIFILM XQ1

BULE

20130116-_DSC0149.jpg

20130116-_DSC0166.jpg

20130116-_DSC0177.jpg

20130116-_DSC0143.jpg

SONY α7 / SIGMA 30mm F2.8 DN

SIGMA DP2 merrillを使って見て一番感じるのは、
Foveonの繊細さもさることながらそのレンズの良さです。
F2.8の開放値ながらボケの美しさと立体感。
どれだけセンサーが良くてもやはり写真はレンズで決まります。
そのDP2に搭載される30mm F2.8はSIGMA ArtラインDNシリーズにあり、
スナップレンズとして手に入れてみました。

続きを読む…

大陸からの朝

20140226-IMG_7991.jpg

20140226-IMG_7996.jpg

20140226-IMG_7993.jpg

20140226-IMG_8005.jpg

20140226-IMG_8006.jpg

20140226-IMG_8014.jpg

20140226-IMG_8021.jpg

朝、自転車で通るいつもの道ですが、この日は特別な日でした。

Taken with iPhone5

X-T1 カメラを感じる

FUJIFILM X-T1 / XF35mm

私が初めて手にしたカメラはレンジファインダーでは無く一眼レフでした。
それは父親のガラクタ棚にあった、ほとんど使っていないカメラ...。
何を撮るでもなくファンダーを覗いてはその先に見える、
肉眼では見た事のないボケのある世界に、ワクワクしながらシャッターを切っていました。

X-T1に標準レンズ。
思った以上にコンパクトなボディに、驚くほどの大型ファインダー。
シャッターを落とすと、その静かなシャッター音が手の中に伝わってきます。

なにか、あのカメラを持ち始めた頃のワクワク感を思い出させる不思議なカメラです。
絞りリングに、軍幹部のダイヤル。そして大きなファインダーが、何の抵抗もなく自分の中に入ってきます。
FUJIFILMがX-Pro1を創った時にシリーズの中でこの形までイメージは膨らんでいたんでしょうか。

カメラがデジタルとなって、こんな気持ちを感じたのは初めてかも知れません。
それは単にこのカメラの持つクラシカルな雰囲気だけではなく、
起動の速さ、往年のアナログカメラを感じさせる大型ファインダー。
そしてそのファインダーのリアルな表示速度などなど、
目に見えない数々のスペックがそう感じさせるのだと思います。

仕事でカメラを使うようになって久しいですが、やはり嗜好品。
どれだけ技術が進化しても、写真機というものは特別なものです。
よく写る、写らないでは無く、そのカメラで写真を撮りたいか、撮りたくないか...。

すっと肩にかけ、あてもなくただただ街を歩きたくなる。
X-T1は、なにか不思議な魅力を持ったカメラです。

Photo : FUJIFILM X-T1 / XF35mm F1.4R
taken with FUJIFILM X-E2 / XF60mm F2.4R

冬の兼六園

兼六園 冬

冬の兼六園は黄金色。

FUJIFILM X-E2 / XF18-55mmF2.8-4 R

続きを読む…

世界を巡る鳥

コハクチョウ

FUJIFILM X-E2 / XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

コハクチョウ 白山

例年、越冬のため加賀市柴山潟周辺に飛来するコハクチョウ。
今年は小松市佐美周辺の田んぼで羽根を休めている。
朝、白山から登る日の出の時間は幻想的で、何か異空間にいるようだ。

FUJIFILM X-E1 / XF18-55mmF2.8-4 R

続きを読む…

オモテのソラ

SONY α7 SWH 15mm

SONY α7 SWH 15mm

SONY α7 SWH 15mm

SONY α7 SWH 15mm

冬の北陸はほぼモノトーン。
この日は朝5時台のしらさぎで名古屋へ。
朝から雪が降り暗く寒い北陸から米原を越え、名古屋駅に降りると抜けるようなソラ。
快晴の冬空は空気も澄んでまた格別ですね。

SONY α7 / Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II

続きを読む…

2013 私的Camera of the Year

X-E2 / XF23mm

Taken with FUJIFILM X-E2 / XF23mm F1.4R (Hokkaido, Biei)

今年も当BLOG、またPHOTOLOGにご訪問いただきありがとうございました。
更新も不定期、さらにつたない記事にお付き合いいただきありがとうございました。
結構なスパムの関係でコメントも閉じておりますが、
シェアをしているFacebookや当サイトのContactからメッセージも沢山いただきました。
来年は新しい取り組みもしつつ頑張っていければと思っています。

2014年もよろしくお願いいたします。

続きを読む…

美瑛のクリスマス

20131214-_DSF0813.jpg

美瑛でのペンション、薫風舎のツリー。

小さい頃からクリスマスツリーには綿が乗っているものでしたが(笑)
こんもりリアルな雪のツリーは本当にキレイでした。

FUJIFILM X-E2 / XF35mm F1.4R

北の国から

DP2 merrill

冬の北海道。
今年最大の寒波と共に行ってきました。
同行カメラはFUJIFILM X-E2、SIGMA DP2 merrill。
少し写真をPHOTOLOGにアップします。

SIGMA DP2 merrill

X-E2 解像力

X-E2 XF23mm

X-E2発表会の際、三畳プリントとして展示されたミラノ大聖堂です。
レンズはXF23mm F1.4。
陽が傾きかけた頃ドゥオーモの屋上に登った際撮った写真ですが、
発表会会場でこの大伸ばしプリントを見た時驚きました。
周辺までぶれることのない解像力。
あらためてXFレンズ、そしてX-Transセンサーの威力を知りました。

FUJIFILM X-E2 / XF23mmF1.4 R

続きを読む…

X-E2 ITALIA 2013

X-E2 イタリア

昨日のX-E2でとらえたITALIA Monochromeに続き、
カラーバージョンのギャラリーをアップいたしました。
鮮やかなブラノ島の街並みから、ムラノ島、ベネツィア。
そしてシックなミラノまで、全43カット。
ゆっくりと流れちょっと時間かかりますが、
ぜひ大きな画面でご覧ください。

X-E2 ITALIA 2013

FUJIFILM X-E2 / XF14mmF2.8 R

秋の兼六園

131125_DSF0139.jpg

131125_DSF0070.jpg

秋の兼六園

兼六園ライトアップ。
秋は雪吊りと紅葉の妙が幻想的です。

FUJIFILM X-E2 / XF18-55mmF2.8-4 R

続きを読む…

秋散策

20131117-_DSF0045.jpg

FUJIFILM X-Pro1 / XF23mmF1.4 R

X-E1 / Zeiss 12mm

FUJIFILM X-E1 / Zeiss Touit Distagon 2.8/12mm T*

X-E1 / 55-200mm

FUJIFILM X-E1 / XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

秋の晴れ間に、二台のFUJI Xに三本のレンズを持って散策。
行き先は身近なところでいつも自転車で回る、小松、加賀周辺。
日頃自転車で回っているだけに、いいポイントも知っている。
しかし、いつものなら自転車でスッと通りすぎるところも徒歩だと
気づかないいい景色も多いですね。
遠出しなくとも近くには長閑な風景が沢山あります。

続きを読む…

FUJIFILM Xの絵

FUJIFILM X-E2

ミラノ・ドゥオーモ広場です。
鳩と戯れる子供達がいました。
カメラを向けているとひとりの子供が寄ってきて
撮って欲しいのかな?手を伸ばしてきました。
そのトコトコと動き回る様子がかわいくシャッターを切りました。

戻って写真を開いてみて、ちょっとドキッと...。
この柔らかさと立体感。
まさにFUJIFILM Xの絵だと思います。

FUJIFILM X-E2

FUJIFILM X-E2 ミラノ

絹のベールに包まれたような繊細さと立体感。
LEICAで撮ってもこんな絵にはなりません。
Summilux 35mm非球面なんかで撮ったりするともっと強烈な立体感で
こういった柔らかい表現では撮れなかったと思います。
大げさですが距離によっては、まるで中判フィルムのようです。

X-Transセンサーが描く絵というのは今更言うまでもないですが、
このXFレンズの表現力はものすごいものを感じます。
数値やデータでは現れないまさに表情のあるレンズです。
XF35、XF60、そしてこのXF23mmをちょっとやられますね。

FUJIFILM X-E2 / XF23mmF1.4 R

FUJIFILM X-E2 × ITALIA Milano

FUJIFILM X-E2

先日18日に発表されました、FUJIFILM X-E2。
今回X-E1に続きカタログ等の作例撮影に起用いただき、イタリアはミラノ、ムラノ島など回ってきました。海外を仕事で回るロケ撮影は、個人での旅行スナップと違い気をつかうところも多いです。今回も1カットでも多くシーンをとらえられるよう、朝暗いうちから夜遅くまでX-E2とともに歩きました。
カタログやサイト作例で採用いただいたカットの他、アザーカットを私の作品としてX-Photographersサイトに掲載いただきました。


写真は朝早いミラノ中央駅からドゥオーモにナヴィリオ周辺。ムラノ島ではガラス作家のモレーノさんの工房にて撮影させていただきました。また朝暗いうちから渡ったブラノ島は陽が昇るごとにカラフルな家並みが浮き上がりとても印象的でした。
ぜひご覧ください。

FUJIFILM X-E2 / XF35mmF1.4 R

東京空模様

130902_DSF8462.jpg

130903_DSF8489.jpg

130902_DSF8456.jpg

130902_DSF8466.jpg

130903_DSF8510.jpg

130903_DSF8507.jpg

130903_DSF8517.jpg

コントラストの強い空に浮かぶ雲は、何か訴えてきてるようだった。

FUJIFILM X-E1 / XF60mmF2.4 R

On Meeting Table

X-E1 / XF60mm

ミーティングではなく午後のちょっとした息抜きに雑談。
たまたま置いてあったXF60mm。
このレンズすごいよって話に...。
X-Pro1と同時発売で話題性としては旬でないけど使えば使うほど
撮った写真にハッと驚かされることが多い。
ピント面の立体感とシャープさ、さらにボケの美しさ。
シャープでボケのきれいなレンズは多いけど
立体感を感じるレンズって中々ないもんです。

FUJIFILM X-E1 / XF60mmF2.4 R

SICILIA × X-E1 ZEISS TOUIT

ZEISS Touit 1.8/32mm T*

XE1 Zeiss

FUJIFILM X-Photographersサイトに
今年5月に訪れましたシチリアでの写真を掲載いただきました。

http://fujifilm-x.com/photographers/ja/toshimitsu_takahashi/

掲載ショットはX-E1にCarl Zeiss Touit 32mm、12mmの二本のレンズで撮ったものです。
このZeissレンズはX-E1との相性も良く
初夏のシチリアの空気までも捉えてくれました。
ぜひご覧ください。

PHOTO : SICILIA Cefalu. Taken with FUJIFILM X-E1 / Zeiss Touit 1.8/32mm T*

X100S 35mm Street

シラクーザ X100S

チェファル X100S

パレルモ X100S

今回シチリアでも一番多く撮ったの焦点距離は35mm。
LEICA M9にSummilux 35mm。そしてX100S。
そのX100Sで撮ったシチリア・ストリートショットを...。

All shots taken with FUJIFILM X100S

続きを読む…

シラクーサの市場

Zeiss Touit 1.8/32mm T*

どの町を訪れても市場を回るのが何より楽しい。
このシラクーサ、オルティージャ島にある市場は短い通りながら
町並みにも溶け込んでいい雰囲気でした。

Zeiss Touit 1.8/32mm T*

FUJIFILM X-E1 / Zeiss Touit 1.8/32mm T*

続きを読む…

SICILIA

オルティージャ島

LEICA M9 / Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH.

シチリア。
そこはイタリア南部の島というより、まさにひとつの国、シチリアでした。
シラクーサから入りチェファル、パレルモなどを滞在し回りました。
僅か8日間のショートトリップでしたが、
どの街も、それぞれ別の国を旅してるかのように違う雰囲気ですばらしいところでした。

オルティージャ島

シラクーサ、オルティージャ島にて。
FUJIFILM X-E1 / Zeiss Touit Distagon 2.8/12mm T*

続きを読む…

Portrait

ray
知人の愛犬をたまに預かります。
この子はボーダーコリーのレイ。
うちの亡くなった愛犬も賢かったけど(笑)、
この子はまたさらに賢いね〜。
二泊だけして帰ったけどいなくなるとまた寂しい(笑)。

しかしX100Sは柔らかい描写で何気ないスナップには最適ですね。
ポートレイトなんかにいい距離感。

by FUJIFILM X100S

大拙館ライトアップ

大拙館ライトアップ

鈴木大拙館。
二日間だけのライトアップがあったので足を運んだ。
夕暮れを狙いたかったが出遅れて陽も落ちきってしまっていた...。
しかし大拙館、ライトアップされてさらに幻想的な空間。
ぜひ週に一度はやってほしい。

FUJIFILM X-E1 / XF14mmF2.8 R

朝陽を見る季節

柴山潟
2月も終わりになって暖かくなってきたなと思ったらいきなりの雪。
この寒暖を繰り返しながら春になっていく...。
しばらく朝陽を見ることなかったが、6時過ぎにはもう日の出の時刻。
柴山潟湖畔より。

FUJIFILM X100S

冬の能登路

ランプ

雪の池

ボート

1月末日。
北陸にはめずらしく朝から快晴の日だった。
ちょっと加賀、能登へ。

FUJIFILM X-E1 / XF18-55mmF2.8-4 R

続きを読む…

冬色の兼六園

兼六園6

兼六園2

雪の兼六園。
中々ありそうで無いのがいい雪景色の兼六園。
この日は朝少し積もったものの北陸特有のべっとり雪で
昼近くには溶けかけていた。
空は鉛色で金沢らしいと言えば一番金沢らしい冬の兼六園。

FUJIFILM X-E1 / XF18-55mmF2.8-4 R

続きを読む…

波のリズム

13-01-27_DSF1891 2.jpg

冬の朝、加佐ノ岬。
この時期に穏やかな日本海は無いね。

FUJIFILM X-E1 / XF18-55mmF2.8-4 R

続きを読む…

佳き日が見える

波紋葉思索空間
平日の鈴木大拙館。
凛として静かな時間が流れている...。

FUJIFILM X-E1 / Leitz Summitar 5cm F2

続きを読む…

FUJIFILM X-E1 × MOROCCO site

2013-01-04-12moroccotop.jpg

昨年2012年、FUJIFILM X-E1カタログ撮影のため訪問したモロッコ。
自身15年ぶり二度目のモロッコでしたが、
シェフシャウエン、フェズと前回回らなかった街も訪れ、相変わらず大変刺激的な国でした。
今回、その X-E1 × MOROCCO をフォトギャラリーとしてUPいたしました。
50以上のショットで構成したフルスクリーンギャラリーです。
ぜひご覧ください。

MOROCCO 2012 × X-E1

またTOP PAGEも、モロッコのギャラリーとして更新いたしました。
ITALIAギャラリーは新規にフルスクリーンギャラリーとしてUPいたしましたので、
ぜひこちらもご覧ください。

ITALIA 2010

今年も一年ありがとうございました。

120730_S032135.jpg
2012年
今年も一年本当に多くの皆様とお仕事をさせていただきました。
ありがとうございます。

特に6月からの富士フイルムXシリーズの広告写真や、
X-E1のカタログ写真など大変大きな仕事もさせていただきました。
これもいつも応援いただいている皆様のお陰です。
本当にありがとうございます。
来年は少し充電もしつつ、さらに目標を持って頑張っていきたいと思います。
また来年もよろしくお願いいたします。

PHOTO : FES MOROCCO
FUJIFILM X-E1 / XF35mmF1.4 R

寒波

121224_DSF0052_1.jpg

121224_DSF0048_1.jpg

121224_DSF0056_1.jpg

小松は雪が少ない方だが、今回の寒波は里雪。
朝起きたら思いの外積もっていた。
ちょっと安宅海岸へ。

FUJIFILM X-E1 / Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical II

Campa

サボテン

北陸はものすごい雪です。

FUJIFILM X-E1 / Leitz Elmar 5cm F3.5

中の橋

中の橋 ぼた雪

親しい仲間と主計町みふくで忘年会。
外へ出ると金沢らしいぼた雪が降っていた。

FUJIFILM X-E1 / XF35mmF1.4 R

迷路の街フェズ

FES X-E1
ゆっくりと時間が流れている感のあったシェフシャウエンからフェズへ。
抜けのいい青空から徐々に熱波が押し寄せてサンドベージュな空の色に変わってきた。
フェズの迷宮に合わせたかのように。

FUJIFILM X-E1 / XF35mmF1.4 R

続きを読む…

SMILE

FES 子ども X-E1
フェズの街。
その旧市街は、まさに迷宮都市。
土色の細い路地を進むと子供たちの元気な声が聞こえた。
その方向へ歩いていくと一人、また一人と子供たちが集まってきた。
その笑顔は忘れられない。

FUJIFILM X-E1

生きる雲

生雲

生雲。
小松・那谷寺より車で15分ほど、標高470m円行山山頂にぽつんと立っている。
いつも自転車では登っている生雲だが、紅葉がきれいなこの時期にカメラを持って...。
生雲まであと700mのところに駐車場があり、そこから歩いて登る。
迎えてくれた生雲には大きな虹が架かっていた。

LEICA M9 / Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical

続きを読む…

身近な秋色


Leica Summicron 50mm。
沈銅ズミクロン50のルックスが気に入っている。
最初に手にしたのがR-D1の頃。
オールドレンズながらシャープな立体感に玉ボケが美しい。
X-Pro1に着けて身近な秋色を少し...。

FUJIFILM X-Pro1 / Leitz Summicron-M 50mm F2

続きを読む…

スークの人びと

スークの少女
シャフシャウエンを後にしてフェズに向かう。
その道中スークが開かれていた。
前訪れたスークとはまた違った活気があった。

FUJIFILM X-E1 / XF60mmF2.4 R

続きを読む…

シャフシャウエンの朝

シャフシャウエンのおばさん
シャフシャウエンを後にする朝、
泊まったリヤド近くで佇んでいたおばあさん。
ずっとこの町で暮らしているんだろう。
何気ないんだが着ている服も街並みとコーディネイトされて見える...。

声を掛けたらカメラに笑顔で応えてくれた。
こういった表情を引き出してくれるのもコンパクトなX-E1ならではだと思う。

FUJIFILM X-E1 / XF35mmF1.4 R

続きを読む…

シェフシャウエンの夕暮れ

三つの顔
シェフシャウエン。
青い街だが、青い壁ばかりではない。
白とブルーの2トーンがいいコントラストを描いている。
無造作に塗られているようで絶妙な感じ...。
ほんと不思議な世界だった。

子供を抱く女性。
その後ろではテラスからと窓からと顔が見えるこの写真。
今回のモロッコで気に入ってるショットの一枚です。

FUJIFILM X-E1

続きを読む…

X-E1 光と影と...猫と

シェフシャウエンの猫
ラバトから北上し北モロッコを延々と走った。
峠を越え突如と現れたシェフシャウエンの町。
その碧い街は、光と影と猫の街だった。

FUJIFILM X-E1 / XF35mmF1.4 R

続きを読む…

X-E1 スークの有名人

X-E1 モロッコ
FUJIFILM X-E1のカタログに載っているこのおじさん。
最初に訪れたスークで出会った。
今やかなりの有名人かも知れない...。

FUJIFILM X-E1

続きを読む…

スークを歩く

Fujifilm X-E1 モロッコ スーク

スーク。アラビア語で市場。
モロッコではいろんなスークがあるが、町と町を結ぶ街道沿いに立つスークは、
それこそ観光で訪れるようなところではなく庶民の生活感に溢れている。
最初の訪問地シェフシャウエンに向かう途中、開かれていたスーク。そこに立ち寄った。

FUJIFILM X-E1 / XF18mmF2 R

続きを読む…

FUJIFILM X-E1 in MOROCCO

X-E1 morocco
先日フォトキナ2012で発表されましたFUJIFILM X-E1。
そのX-E1のカタログおよびサイト掲載の
作例イメージ撮影に今回起用いただきました。
ロケ地は北アフリカ、モロッコ。

15年ほど前に一度訪れていますが、
相変わらずの熱気と穏やかさでした。
人々はフレンドリーで友好的。子供たちの笑顔がまたよかった...。

今回X-E1とともにモロッコの街を歩き
いろんな表情をとらえることが出来ました。
当ブログでは現地でのエピソードなど少し綴っていければと思います。
またサイトにおいてX-E1 in MOROCCOギャラリーも予定しています。
近いうちに公開できればと思っています。
それまでPHOTOLOGで少しずつ。
ぜひご覧ください。

DATA : FUJIFILM X-E1 / XF60mmF2.4 R macro

FUJIFILM X-E1 スペシャルサイト

X-E1 Morocco Fes

2012 BLUE

小松航空祭ブルーインパルス

小松航空祭ブルーインパルス

小松航空祭ブルーインパルス

小松航空自衛隊、航空祭。
今年もブルーインパルスのアクロバット飛行を見に足を運んだ。
全国各地から10万人の来場者数との事。
ものすごい数ですね。これはもう小松市の人口ですよ。

しかしながら天気はぱっとしなかった。
前日まで天気よかったのに残念。ま、これも小松航空祭らしい天気かも。
曇り空に突き抜けるブルーインパルス。
それもまたカッコイイ。

Canon EOS 5D Mark3 / EF70-200mm F4 L IS

続きを読む…

上海 LEICA M9 with FUJIFILM X-Pro1

上海

LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

朱家角

FUJIFILM X-Pro1 / XF35mmF1.4 R

今年6月に渡航した上海。
スナップシューターとしてLEICA M9とFUJIFILM X-Pro1の二台を持っていった。
いつもの旅ならメイン一台とコンパクトデジタルあたりをサブにってところなんだが、
今回はLEICA M9にX-Pro1も使ってみたかったのでダブルメインで(笑)。
出歩くときには一台は肩に、もう一台はバックに入れ、レンズはそれぞれ異なる焦点距離を装着。
何れもコンパクトで軽量ボディなんでほとんど散策の負担にならない。
そしてこの二台。なんか思った以上にいいリズムで撮れた。

続きを読む…

上海

上海

LEICA M9 / Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH.

6月の上旬、四日間ほど上海に行ってきた。
今では上海と言えば華やかな高層ビル群が思い浮かぶが、
一歩路地に入ると活気ある市場があり、
なぜか懐かしくも感じる上海市民の日常がそこにはあった。
本当にいろんな顔を持つ上海。
かなり弾丸な旅だったか刺激的なショートトリップとなった。

上海野菜

上海市場

FUJIFILM X-Pro1 / XF18mmF2 R

今回はLEICA M9とFUJIFILM X-Pro1を持って行った。
もちろん手に持ち歩くのは一台だが、
一台はカバンの中に入れそれぞれに単焦点を一本ずつ付けて、
何となくいいコンビネーションだった。

今回もただただSNAPな旅だが、またPHOTOLOGに少し載せつつ、
BLOGにはちょっとしたエピソードなんかを綴っていきたい。

X-Pro1 COLOR

金沢21世紀美術館ライブラリー

自転車

金沢21世紀美術館から柿木畠の色。
DAYLIGHT。

FUJIFILM X-Pro1 / XF35mmF1.4 R

X-Pro1 DE PROVIA

橋立漁港

DIGITALに移行する前、仕事も含めフィルムでの撮影は基本ポジだった。
中でも作品として残したいものを撮るときは必ずといっていいほどコダクローム。
そう、コダクロームを一度使ってしまうと、
他のポジで撮った写真なんて薄っぺらくて見てられない感じだった。
ま、まだまだ若い頃ね(笑)

FUJIFILM X-Pro1 / XF35mmF1.4 R

続きを読む…

X-Pro1というDIGITAL FILM

加佐ノ岬灯台

絹のような世界。

FUJIFILM X-Pro1 / XF35mmF1.4 R

続きを読む…

朝靄の季節

20120425IMG_2382.jpg
20120425IMG_2381.jpg
20120425IMG_2386.jpg
水が張られて美しい。
この季節の早起きはいいね。

カメラ持ってなかったのでiPhoneで。
Instagram Sierraが雰囲気出してる。

そしてエルマー

プール

椅子

決して多くのレンズを経験している訳じゃないが、
いろいろ使ってみるとやはり自分の好みというものが固まってくる。
そして手元に残ってるレンズは結局似たもの同士。

今年に入っていろいろ調べながらようやく手に入れたElmar 5cm f3.5。
こいつが、またものすごいことを教えてくれる...。

LEICA M9 / Leitz Elmar 5cm F3.5

続きを読む…

冬色

海岸の路

椅子

木

左義長から一ヶ月経った(汗)。
何気にこの間いろいろ道具の出入りもありつつ...。
実際手にして使ってみないと分からない事ってあるね。
と言い聞かせつつ(笑)。

続きを読む…

左義長

左義長

関さん

お餅

左義長

1月15日。
左義長の日。
小松葭島神社にて。

初詣にはいつもお祓いに来る葭島神社だが、左義長に来たのは初めて。
お酒、お餅、豚汁など振る舞われてた。
豚汁を一杯いただいた。日頃中々会わない懐かしい方にも会えた。

LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

小松の夕暮れ

飛行機

灯台

安宅海岸。

HELIAR C 75mm F1.8

元気な小松

中林くんと佐野さん

辻さん

小松の若手クリエーター中林信晃くんのお仲間が集まっての音楽パーティに寄せてもらった。
沢山デザイナー仲間も集まって熱気もすごかったね。
元気な小松。地元に活気があるっていいね〜!

小松東町 M'line Marketにて。

続きを読む…

夕暮れの金沢

食堂

武家屋敷

用水

電車で片町に行くときは駅から歩く事が多い。
昨日はえらい湿度が高かった。

SONY NEX-5 / TILT adapter / EF 35mm F2

不思議の国

ランプ2

自転車

緑風

なんでも食いつくNEXだが、当然Canon EFマウントもいける。
NEX-EOS EF adapter。それのTILT機能付き。
廉価な中国製だがNEXプラスアルファの拡張としては十分使える。

今やTILTなんてiPhoneでもアプリでお手軽に出来てしまうが、
リアルにあおりを生かした世界は一度やってみたかった。

しかしこういうアダプターがあればEFレンズが全てTILTレンズ化してしまう。
これはすごい事ですよ。
あらためてNEXはほんと革命的なデジタルカメラだと思う。
そして発表されて間もないNEX-7。ものすごく興味がある。
特に235万ドットの有機ELのファインダー。
これの見えがデジタル臭の少ない生々しい世界だったりすると
ちょっと光学ファインダーを持つ一眼レフの存在も微妙かも...。

SONYなんて家電メーカーが...って未だに思っていたら勿体ないね。
忘れちゃいけないのがミノルタスピリット。
なんと言ってLEICA CL、minolta CLE。
コンパクトでスマートで超カッコイイカメラを作っていたメーカーですよ。
NEX-7のあの直線的な横長デザインに、ファインダー位置。
その片鱗を感じるのは自分だけじゃないと思う。

SONY NEX-5 / TILT adapter / EF 35mm F2

SNAPS at インスタンス 作品販売のご案内

ミラノドゥオーモ
SNAPSタイトルS
沢山のご来場いただきましたSNAPS at インスタンス。
本当にありがとうございました。

今回、インスタンスで展示いたしました作品を
ヨドバシ・レンジファインダー・サイトにて販売いただく事となりました。
作品販売の収益の一部は、私たち出展者より東日本大震災被災者への義援金として、
被災者の皆様への救援や被災地の復興に充てさせていただきます。

インスタンスでの展示しました作品は全て一点限りとなっています。
特にB1ガラスフレーム入りの作品はしっとりといい感じですよ。
また、限定数での刷り増しのプリント販売もあります。
ご希望の方はぜひお早めにお申し込みください。

RANGEFINDER | LIVE:LEICA SNAPS 展示写真販売

晩夏

波

人

木

今年の夏は速かった。
安宅海岸にて。

HELIAR Classic 75mm F1.8

SNAPS at インスタンス 最後の週末

ミラノ路面電車SNAPSタイトルS
本当に沢山の皆さんにご覧頂きありがとうございます。
SNAPS at インスタンスも今日明日と二日間で終了いたします。
この間、多くの方にブログ、ツイッター等で告知や応援頂き本当にありがとうございます。
最後の週末も一人でも多くの方にご覧いただければと願っています。
本日は20時、明日14日最終日は18時までです。
ぜひ新宿お越しの際はお立ち寄りください。

SNAPS インスタンス 会期

インスタンス企画展 SNAPS 高橋俊充×水野直樹 写真展
2011年8月1日(月)〜14日(日)
am11:00~pm8:00(初日は12:00から最終日は18:00まで)
会期中無休 入場無料

INSTANCE ヨドバシ フォトギャラリー インスタンス
〒160-0023 新宿区西新宿1丁目10-1  MY新宿第2ビル B1F
PHONE : 03-5337-1091

SNAPS 高橋俊充×水野直樹 写真展 at インスタンス あと5日

ミラノドゥオーモSNAPSタイトルS
長いようであっという間の二週間。
SNAPS at インスタンスは、14日(日)の最終日まであと5日です。
WEBではお伝えできないB1プリントはホントしっとりといい感じです。
ぜひぜひご覧下さい。

PS.明日11日夕方くらい、もしかするとKENYAの水野さん出没するかも...。

SNAPS インスタンス 会期

インスタンス企画展 SNAPS 高橋俊充×水野直樹 写真展
2011年8月1日(月)〜14日(日)
am11:00~pm8:00(初日は12:00から最終日は18:00まで)
会期中無休 入場無料

INSTANCE ヨドバシ フォトギャラリー インスタンス
〒160-0023 新宿区西新宿1丁目10-1  MY新宿第2ビル B1F
PHONE : 03-5337-1091

SNAPS at インスタンス まであと4日

ミラノ街角
SNAPSタイトルS

SNAPSまで、あっという間にあと4日となりました。
展示作品の梱包も終わってあとは前日乗り込みでうまく展示するのみです。

今回私のイタリアはB1カラー13点。A4モノクロ11点。計24点です。
金沢展とはやや構成を変えてストリートスナップを中心としました。ぜひご覧ください。

SNAPS インスタンス 会期

インスタンス企画展 SNAPS 高橋俊充×水野直樹 写真展
2011年8月1日(月)〜14日(日)
am11:00~pm8:00(初日は12:00から最終日は18:00まで)
会期中無休 入場無料

INSTANCE ヨドバシ フォトギャラリー インスタンス
〒160-0023 新宿区西新宿1丁目10-1  MY新宿第2ビル B1F
PHONE : 03-5337-1091

※私のギャラリー在廊の予定は、
初日8月1日(月)と、あと5日(金)、6日(土)、7日(日)です。

SNAPS at インスタンス まであと10日

フィレンツェドゥーモ
SNAPSタイトルS

SNAPSまであっという間にあと10日。

作品は前回金沢ではB0プリントパネルがメインでしたが、
今回はB1で点数も増やしフレーム展示としました。
B0の時はある程度迫力勝負で空間演出と行った感じでしたが、
B1となると逆にクオリティに対してもシビアになります。
プリント共々前回にも増して力入っていますので、ぜひインスタンスでご覧下さい。

私のギャラリー在廊の予定は今のところ、
初日8月1日(月)と、あと5日(金)、6日(土)、7日(日)です。

今回初めての東京での写真展開催でまさに未知の世界。
期待と不安で一杯ですが、一人でも多くの方にご覧いただければと願うばかりです。
ぜひお誘い合わせの上お越し下さい。

SNAPS インスタンス 会期

インスタンス企画展 SNAPS 高橋俊充×水野直樹 写真展
2011年8月1日(月)〜14日(日)
am11:00~pm8:00(初日は12:00から最終日は18:00まで)
会期中無休 入場無料

INSTANCE ヨドバシ フォトギャラリー インスタンス
〒160-0023 新宿区西新宿1丁目10-1  MY新宿第2ビル B1F
PHONE : 03-5337-1091

しっとりとDP2x

葉

片野海岸

ぜひ一度FOVEON DP2使ってみてよ〜。
って強く勧めてくれてた人の言葉がわかってきた。

ホントこりゃ相当良いですね〜。

SIGMA DP2x

DP2xで小宇宙

エクストラ コーヒー ビター キャラメル フラペチーノ

「エクストラ コーヒー ビター キャラメル フラペチーノ」
噛まずにオーダー出来んわ。

っで噛めば噛むほど味出てくるねDP2x。
最初なんだこれ?
やったけど、だんだん好きになってきた。

SIGMA DP2x

感材 SIGMA DP2x

せせらぎ

縄

キレキレの単焦点コンパクト一本欲しいね。
っでFOVEONをひとつ。

SIGMA DP2x

続きを読む…

駅模様

20110527-L1002003.jpg

20110527-L1001992.jpg

BS日テレで放送していたブランドストーリー「ライカ」を見た。
短い番組だったが本社を訪れてのインタビュー、エピソードなど見応えのある内容だった。
ライカがカメラをコンパクトにする事で写真の世界が変わったという。
自分もライカを持つようになって写真に対する意識が変わった。
レンズやボディの性能云々ではなく、ライカだから撮れた写真は本当に多い...。

LEICA M9 / Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH.

オオサカ・オコノミ・ネギヤキ

お好み焼き

お好み焼き

ミナミでお好み焼き。
特にあてもなかったのでiPhoneで周辺のお好み焼きで検索してたどり着いた。
「福太郎」。
なんか、ええ感じの雰囲気やった。
クルマで行ってたのでビール飲めなかった。
残念。
次回は電車で。

LEICA M9 / Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH.

渡っちゃおうかなオジサン

大阪のおじちゃん

大阪のおじちゃん

大阪のおじちゃん

ちょっと野暮用で大阪に行ってきた。
相変わらずの異国ぶりだった。
いいね、大阪。

日曜の朝、JR野田駅周辺にて。

LEICA M9 / Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH.

低温カップル

ミニー

ちょっと体温低いけど、
クールでええよ。

LEICA M9 / Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH.

ももいろの空

ももいろの空

久しぶりの夕日だった。

LEICA M9 / HELIAR Classic 75mm F1.8

続きを読む…

さんぽの途中

犬の散歩

何気ない日常って本当にありがたいものだと思う。

LEICA M9 / HELIAR Classic 75mm F1.8

秘密にしときたい世界

灯台

秘密のスナップシューターSONY NEX(なんじゃそれ?)。
その16mmパンケーキに装着するウルトラワイドコンバーター。
プロダクトとしての造りはかなりいい感じのアダプターだが、
ウエストレベル18mmってこの感覚、ほんと楽しすぎてもはや人には教えられんね。

SONY NEX-5 / 16mm F2.8 with Ultra Wide Converter

続きを読む…

レンジファインダー

20110225_EPS0471.jpg
本格的にレンジファインダーに興味を持ち使い出したのは、
ライカではなくデジタルであるR-D1sだった。
未だに名機と言われているこのカメラの魅力はやはりこのトーンだと思う。

昨年、レンジファンダー専門サイトを作るという話があり
数点写真を提供させていただいた。
出した中には愛玉Summilux 35 ASPH.の写真もあったんだが、
あいにく世代が変わってしまいお蔵入り(笑)
掲載させてもらったのはR-D1sにC Sonnarのこのカット。
いつもの小松漁港の写真だが、ほぼR-D1sで撮った初ショットに近い写真だ。
当時を思い出してもその感動はある。
これ以来レンジファインダーバカになった。

ブライトフレームを覗いてフレーミングしてシャッターを切る。
この軽快なリズムは一眼レフにはない。

そのレンジファインダー専門サイト
かなり強烈な内容ですね〜。
あまり見ると目の毒だな(笑)

先日の写真展「SNAPS」も取材・掲載いただいた。
ありがとうございます。

この膨大なカット数、内容、全部見終えるのはいつになるかな(笑)。

R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

雪も鳥も舞う

浅野川

この時期の浅野川界隈

LEICA M9 / HELIAR Classic 75mm F1.8

佳い75mm

Heliar classic 75mm F1.8
ヘリアークラシック 75mm F1.8
佳いね。

LEICA M9 / HELIAR Classic 75mm F1.8

続きを読む…

濡れたがっぽ石

がっぽ石

金沢の雪はべっちゃりと...。
あんまり下駄に雪が挟まってって感じにならんね。

SONY NEX-5 / Summitar 5cm F2

冬は続く

ズミタール
SNAPS終了後、ようやく一息つきました。
少しずつブログ更新しながら復帰します。
しかし、今年はよく降りますね〜。

SONY NEX-5 / Summitar 5cm F2

SNAPS ご来場ありがとうございました

201117-L1001763.jpg

昨日を持ちましてSNAPS無事終了いたしました。
この冬の厳しい中、また例年にない大雪の中
沢山の皆さんに足を運んでいただき本当にありがとうございます。

また今回、広報活動、展示、搬出などなど本当に多くに皆さんにご協力いただき、
我々二人では決してなし得ることが出来ない、
すばらしい展覧会にしていただいたと感謝の気持ちでいっぱいです。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

SNAPS本日最終日

201117-L1000826.jpg

本当に多くに皆さんにお越し頂きましたSNAPS。本日最終日です。
昨日も大変な大雪でどうなることかと思いましたが、
沢山の方にご来場いただきました。
本当に感謝にたえません。ありがとうございました。

本日は夕方五時までとなっています。
私はほぼ一日に会場におります。
まだご覧頂いてない方、最後にもう一度見にいきたい方、
まだTAKAHASHIと話せてないぞっという方々などなど・・・
ぜひ金沢市民芸術村 PIT5までお越し下さい。

Photo : Italia Firenze
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
LEICA M9 / Nokton 50mm F1.1

SNAPSタイトル

SNAPSの日曜

snaps-L1000318.jpg

大雪予報は本当に当たってしまいました。
ここまで降るって言うのは何年ぶり?ってくらい。

昨日も東京から二組の方にご来場いただきました。
本当にありがとうございます。
天気が悪くて、ちゃんと帰れるのか心配です。
気を付けてお帰りください。

しかしこれだけ大雪でも、もう峠は越えてるでしょう。
今日も元気に11時より開催中です。

Photo : Italia Firenze
LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

SNAPSタイトル

SNAPSの週末

snaps-L1000731.jpg

土日に来ていただけるというお声を沢山頂いています。
しかし、天気がいやな雰囲気ですね。
何とかしたいけど、裕ちゃんみたいにあまり持ってない自分にとって、こればっかりは難しい。
降るよ、降るよと脅しておいて大したことないいつものパターンに期待して・・・。

今更ながらの駐車場情報です。
会場である金沢市民芸術村 PIT5は、
レストラン「れんが亭」側から入った場合一番反対側となります。
車でお越しの際は、そのまま「れんが亭」右の線路沿い進んでいただき
抜けた先の左手の駐車場をご利用ください。
そちらからですと歩いて少しです。

足下の悪い中、おこしいただける皆さんには本当に恐縮します。
ぜひ、お気を付けてお越し下さい。

Photo : Italia Firenze
LEICA M9 / Nokton 50mm F1.1

SNAPSタイトル

SNAPS 4日目

snaps-L1000675.jpg

本日4日目。また雪が積もりましたが、空は青空も見えそうです。
昨日は天気もよく本当に多くの方にお越し頂きありがとうございます。
今月、丁度NHK BSがイタリアを特集しているようで、
まぁ、それを狙ったかのようにの開催です(笑)
「いや〜、イタリア行きたくなるね〜」
と沢山の感想を頂いてます。
次回はイタリア大使館の協賛でももらおうかと思っています(笑)。

しっとりと冬のイタリア、ぜひご覧ください。

Photo : Italia Firenze
LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

SNAPSタイトル

ブログ、ツイッター等での連日広報もあって、
沢山の方にご来場いただき本当にありがとうございます。
しかし、ちょっと話し込んでいると、お会いしたことない方には、
ご挨拶も出来ないままだったりで申し訳ないことにもなっています。
よほど深刻そうな雰囲気でない限り(笑)、気軽に声を掛けてやってください。

SNAPSへ

シエナ・ドゥオーモ

1月11日開催のSNAPSに向けかなりの大詰めです。
この期に及んでというか数点の写真を差し替えた。
一枚でも多く見せたいのは山々だが、展示点数にも限りがあるしね。

苦労しているのはB0の展示方法。
これは完全に水野さんにお任せしてある。
フレーム枠のないB0パネルをどのように展示すればいいか・・・。
かなり未知との戦いです。

私は当日の展示案内等のグラフィック制作をせっせと進行中。

Photo : Italia Siena  LEICA M9 / Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical

続きを読む…

35 Summilux 70%

PANDA

ストリートスナップ

ほぼ付けっぱなしだった35mm Summilux ASPH.。
出掛けてのレンズ交換はほとんど無かった。

撮ったショットの70%が35mm。
あと50mmと15mmがそれぞれ15%づつってところ...。
とにかく、ただただストリートスナップ。

ぜひお越し下さい。

SNAPSタイトル

Photo : Italia Milano
LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

SNAPS ITALIA×KENYA

snaps高橋俊充firenze

snaps水野直樹kenya

SNAPSタイトル

水野直樹さんから写真もお預かりしたんで大々的に掲載します。
ケニアの大草原をカジュアルにLEICA X1でスナップした水野さんのショット。
いいですね〜。

新春、お正月気分でぜひお越しください。

SNAPS 高橋俊充×水野直樹 写真展
2011年1月11日(火)〜17日(月) am11:00~pm7:00 金沢市民芸術村 PIT5アート工房
石川県金沢市大和町1-1

不思議の国のおじさん

おじさん

この時期、柴山潟から見る日の出は本当に美しい。
白山の真ん中から後光が差し静かな湖面に映る。
今朝は晴れの予報だったんで寒い中、愛車にまたがって拝みに行ってきた。

いい位置に陣取っていた隣のおじさん。
「Where do you come from?」
って話しかけてきた。
「???ニッポンです」と答えた。

続きを読む…

24 WIDE

drive1

18, 24, 35, 50。
その24mm。
個人的にワイドスナップはやはり24mmがいい。
僅かのことでも自分の感覚にフィットする焦点距離ってあるね。

SONY NEX-5 / E 16mm F2.8

続きを読む…

台風前

手取川

季節遅れの台風がやってくる前日。22日夕方。
この日は自転車で移動中だった。
丁度手取川河口あたり。
ものすごい雲と夕焼けがキレイだった。

iPhone 3GS。一番の日常カメラにて。

外宮から内宮

伊勢神宮

伊勢神宮 内宮

伊勢参りに行ってきた。
以前参ったのは2002年の11月、家族四人で参った。
今回は夫婦二人で、外宮から内宮と参拝。
二拝二拍手一拝と気持ちも引き締まる。

静かで落ち着いた外宮に賑やかな内宮、そしておかげ横町。
一箇所をゆっくりと回る旅もいいね。
今回はSummilux 50 ASPH.を持って。
写真は少なめ、またPhotologで。

衣替え

安宅海岸

安宅海岸

今日から10月。
一時的に寒くなったが、今日はまた気持ちのいい陽気。
Tシャツは片づけられない。

Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH.

Summilux 50 ASPH.

扇風機
Summilux 50 ASPH.
これが欲しいと思い始めたのは昨年の冬だった。

LEICA M9 / Leica Summilux 50mm F1.4 ASPH.

続きを読む…

Heart

朽ちたハート

朽ちてますけど...。

More More

網

溢れそうなモアモア...。

夏の朝

田園
あさ晴れたら、自転車乗っている。
ここんところずっと晴れてるので、毎日乗っている。

続きを読む…

暑い夏

セミ

ゴール

もう、すっ飛び。

蝉の季節

セミ

金沢オフィスそばの米丸中央公園。
歩いて3分ほどだが、暑かった。
なんも無い公園なんで、蝉ばっかり撮ってきた。

小松の夕景

夕日

加賀方面に向かう車窓より

続きを読む…

赤いあじさい

赤いあじさい
夕日に照らされて。
梅雨明け間近かね...。

柴山潟

柴山潟
まったくもって、お気に入りの湖畔。

稜線

小松前川
小松前川より望む白山。

続きを読む…

陽気な自転車乗り

  • Posted by: TAKAHASHI
  • 2010年6月14日 14:46
  • Photologue
白馬合宿

つがいけサイクルクラシック前日。白馬の宿にて。
走りも本気。飲むのも本気。
そんなオッサン達はええ顔してますね〜。

Ci vediamo dopo

イタリアワイン

イタリアへの渡航から帰って早2ヶ月ほど経ちました。
以前から一部の方へはお話ししていますが、
今回のイタリアでの写真は、プリント展示での公開を計画中です。
戻って熱気さめやらぬ気持ちもあって少しばかりPhotolog等に掲載してきました。
まだまだショットは沢山ありますが、
ちょっと改めてお見せできる日までしばらくイタリア写真はお休みします。

また以前のように日常エピソードや、日々の写真など掲載しています。
引き続きぜひ当ブログおよびPhotologへご訪問下さい。

冷えた桜

桜

Cool! Cherry blossoms.
小松芦城公園、金沢兼六園。
ことしも桜を撮った。

続きを読む…

桜色

青い桜

桜

夕暮れの桜は、また桜色。
本日の芦城公園。
満開間近。

ぼけバス

バス

コシナフォクトレンダーのレンズ。
今まで6、7本ほど所有したことがあるけど、
画がなんかヌメッとしている。
ペインティングした様な感じ。
同じコシナでもCarl Zeissとは全然違うね〜。
ま、そりゃそうやろけど。

LEICA M9 / NOKTON 50mm F1.1

続きを読む…

あ〜ねむい

チビチビ
久しぶりのペーパームーン。
「イタリア行っとってんて〜」
「え?何で知っとるん?」
「ブログに書いてあったって、誰かよ〜とった」

どんな伝わり方やねん(笑)

LEICA M9 / NOKTON 50mm F1.1

サンタンブロージョ市場

サンタンブロージョ市場2

サンタンブロージョ市場1

ちょい、ジャックニコルソン。

Italia Firenze
LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

続きを読む…

舞い降りた街

milano500

関西空港からEUでの乗り継ぎなんかしつつ、なんだかんだで約18時間。
いや〜遠かったって思いながらも降り立ったそこはもう異空間。
石川は小松の田舎者には衝撃の世界だった(笑)。
いやはやここは、やっぱり本物の街ですね〜。

Photo : Italia Milano
LEICA M9 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

続きを読む…

15才の眼

安宅1

R-D1sで最初に買ったレンズはこれ、Super Wide-Heliar 15mm。
APS-CサイズのR-D1sにとってこれを着けることによりワイド22mm相当。ほんと気持ちよく使っていた。
M8になって19mm相当。そして今M9フルサイズとなって、そのまま15mmに。
ようやく辿り着きましたね。
超ワイドの世界。

LEICA M9 / Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical

続きを読む…

師走に雪

窓の雪

今日も小松分室で仕事。
窓の外は寒々しい・・・。

よーけふってますな〜。

Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4

蟻椅子

21アントチェア
アナログついでに、防湿庫のフィルムの整理。
半端じゃない期限切れでも写るもんだ・・・。

って逆にいい感じ(笑)

Rolleflex 2.8F / Carl Zeiss Planar 80mm F2.8

SQUARE LEICA D-LUX 4.2

安宅1

漁港

四角い港

LEICA D-LUX4 × 0.75 / firmware 2.10

続きを読む…

笑顔

グリコ2

グリコ

マ、ワロテマウ。

Zeiss Ikon / C Sonnar 50mm F1.5

柴山潟より

柴山潟の日ノ出

今朝の白山。
気合い入れてちょっといいカメラで撮ってきた。
(当社比(笑))

LEICA D-LUX4

続きを読む…

東京

ヒルズ

ちょっと行ってきました。
また、少し続きます。
ついでにPHOTOLOGにも掲載していきます。

LEICA D-LUX4

続きを読む…

秋色の路

  • Posted by: TAKAHASHI
  • 2009年11月 7日 15:09
  • Photologue
秋の路

秋の好天にぶらり散策。
少しPHOTOLOGに掲載していきます。

Canon IXY DIGITAL 920 IS

ゆうぐれ

夕暮れ

異様な機材も、ま、異様な感じで絵になるか...。
ゆうぐれの梯川。

Canon EOS 5D / EF35mm F2

続きを読む…

外灯

街灯

外灯

なんか、ものさみしい...。
こんな灯りを見ると、
早く帰らなくっちゃっね〜て気になる。

Canon EOS 5D / EF35mm F2

続きを読む…

sakae st.

横断歩道mono
LEICA D-LUX4 × 0.75

続きを読む…

光源

  • Posted by: TAKAHASHI
  • 2009年10月22日 13:37
  • Photologue
テレビ塔

EFの1.2Lもしばらく使ってみたが、やはりこっちの方が好きだね。

Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4

続きを読む…

夜光性

  • Posted by: TAKAHASHI
  • 2009年10月15日 13:16
  • Photologue
カーテン越し

LV

LV

夜は、いろいろたのし・・・

Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4

続きを読む…

Digi MONO

橋立

やっぱり最近一番シャッター切ってる(って押してる)カメラはiPhoneだな(笑)

by Only iPhone 3GS

続きを読む…

ライカ判デジタルの時代

椅子

いや〜、M8でデジタルデビューしたライカは一世一代の大事だったと思ったけど、
3年でフルサイズの偉業。しかも、あのM型に納めている。
普通に考えれば超ミラクル〜!
M型ライカのフルサイズ化に遭遇した我々は衝撃的な時代の目撃者だろう...。
(って、かなりオオゲサ風)

LEICA M8 / Voigtlander ULTRON 28mm F2

続きを読む…

結局D-LUX4

橋立漁港

LEICA秋の製品ラッシュ。
どれも良さそうだが、ん〜惜しいな〜(笑)
(なんで、上から目線(爆))

LEICA D-LUX4

続きを読む…

14才のおばあちゃん

クレール

人間で言うところの90才を越えてるんだろう...。

Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4

続きを読む…

白風

ちょっと、フルサイズ、50mm F1.4使ってみた。

続きを読む…

M9が出てもiPhone

橋立漁港

生涯M8!
とは言わないが(笑)、M型LEICA、二年使ったらン十万落ちの家電品ですっていうのは寂しいね。
8.2登場の際、M8のアップグレードサービスで、フォーエバーM8的な謳い文句もあったような気がするがいきなり9出ちゃうとね〜。
フルサイズは大いに魅力的ではあるが、自分の持ち物スタイルとして白が無いのはアウト。
また、いろいろ情報をもらったりすると今回もやらかしてる感もあるし...。
とりあえずM9.2まで待つか...ってM10?M11くらいまで(爆)

写真は今朝の橋立漁港 by もちろんiPhone 3GS(笑)

続きを読む…

秋ノ風

すべり台

自転車

9月9日。
母親の誕生日だった。

LEICA M8 / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

続きを読む…

その日カメラ

犀鶴線

いま、一番使ってるカメラはこれかも知れない。

by iPhone 3GS

続きを読む…

LEICA D-LUX4 24mm × 0.75

梯川

電柱

ゲート

何気ないけど、他にはない。
今更だけど、son of M8、その18mm F2の世界。

LEICA D-LUX4 × 0.75

続きを読む…

傘のシーズン

20090623L1000645.jpg

日傘だったり、雨傘だったり...。
梅雨らしくていいですね。
週末はちょっと回復するのか。

LEICA M8 / Voigtlander ULTRON 28mm F2

35 Summilux ASPH.

20090623L1000419.jpg

しばらく更新していない間に機材も何かと入れ替わった。
以前より各方面のサイトの写真等から気になっていたLeica 35mm Summilux ASPH.。昨年秋に、金沢散策の極悪ご一行様にお借りし、一日散策の友として実写をさせていただいた。そして、その描写をかいま見ることが出来た。言わずと知れた現行35mmの非球面だがそれなりの高額につき気軽に手を出すって話にはならないが、やはり実際使ってみて、何を置いても手に入れたいと思った。
これもいろいろな方面を物色した。現行レンズなだけに、無駄な高騰も無く、かつ程度に不安視するようなものは少ないと聞いていたのだが、まず市場にあまり玉自体が存在しない。あっても予算に中々合わずと苦労したが、今年2月頃ようやく手に入れることが出来た。いろいろ苦労して手に入れたその玉は、程度も良く大変満足出来る一本だった。そして、やはり自分のものとなって使ってみるとあらためてその凄さを感じた。
真面目に、これ一本あったら他レンズは何も要らないとさえ思えた。

LEICA M8 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.

続きを読む…

BLOG再始動

20090623L1000670.jpg

今年入って、ずっと休止中だったTAKAHASHI-DESIGN/BLOGを再開します。
エントリー数がかなり多くなったせいか、特に原因を追及してなかったが、2005年から開始したBLOGは、やたら再構築に時間がかかるようになり、ま、折角なんでMT4で組み直そうと思いついたまま、自分のことは、後回し後回しになるのが世の常(笑)。もう7月ですよの声が聞こえるようになって、ようやくの再始動です。

LEICA M8 / Leica Summilux 35mm F1.4 ASPH.


続きを読む…

Index of all entries

Home > Photologue Archive

Search
Tag Cloud
Feeds
From Webmaster
※サイト内の写真、画像の無断転載・使用はお断りします。著作権は撮影者にあります。お問い合せはContactよりご連絡下さい。

Return to page top